DC映画『ナイトウィング』監督「クビにでもならない限り降板したくない」熱意たぎらす

バットマンのサイドキック、ナイトウィングを描くDC映画『ナイトウィング(仮題)』の監督を務めるクリス・マッケイは、同作に並々ならぬ情熱を注いでいるようだ。

DC映画ユニバースと言えば、『ジャスティス・リーグ』(2017)を手掛けたジョス・ウェドンが『バットガール(原題:Batgirl)』製作を降板したことが報じられたばかり。このニュースを受け、あるファンが『ナイトウィング』に関してもクリス監督が降板するのではないかと問いかけたのある。これ対しマッケイ監督は、「『ナイトウィング』を降りろっていうなら、ワーナー・ブラザーズは僕をクビにしないとね。」と回答。プロジェクトを去るつもりは全くないことを宣言した。

ナイトウィングことディック・グレイソンは少年時代に両親を殺され、大富豪ブルース・ウェイン/バットマンの養子となる。当初はロビンとしてバットマンと共に活動していたが、やがて独立しナイトウィングと名を改め単独のヒーローとして活躍する。

映画『ナイトウィング(仮題)』は、現在脚本草稿が完成間近の状況にあるという。キャスティングやストーリーの詳細は明らかになっていないものの、『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』を大ヒットに導いたマッケイ監督なら、きっと最高の『ナイトウィング』を見せてくれるはずだ。

(文:まだい)

Source: https://twitter.com/buddboetticher/status/966809403222405120

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。