Menu
(0)

Search

DC映画『ナイトウィング』監督「クビにでもならない限り降板したくない」熱意たぎらす

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

バットマンのサイドキック、ナイトウィングを描くDC映画『ナイトウィング(仮題)』の監督を務めるクリス・マッケイは、同作に並々ならぬ情熱を注いでいるようだ。

DC映画ユニバースと言えば、『ジャスティス・リーグ』(2017)を手掛けたジョス・ウェドンが『バットガール(原題:Batgirl)』製作を降板したことが報じられたばかり。このニュースを受け、あるファンが『ナイトウィング』に関してもクリス監督が降板するのではないかと問いかけたのある。これ対しマッケイ監督は、「『ナイトウィング』を降りろっていうなら、ワーナー・ブラザーズは僕をクビにしないとね。」と回答。プロジェクトを去るつもりは全くないことを宣言した。

ナイトウィングことディック・グレイソンは少年時代に両親を殺され、大富豪ブルース・ウェイン/バットマンの養子となる。当初はロビンとしてバットマンと共に活動していたが、やがて独立しナイトウィングと名を改め単独のヒーローとして活躍する。

映画『ナイトウィング(仮題)』は、現在脚本草稿が完成間近の状況にあるという。キャスティングやストーリーの詳細は明らかになっていないものの、『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』を大ヒットに導いたマッケイ監督なら、きっと最高の『ナイトウィング』を見せてくれるはずだ。

(文:まだい)

Source: https://twitter.com/buddboetticher/status/966809403222405120

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly