Menu
(0)

Search

クリス・エヴァンス、キャプテン・アメリカ卒業に追加コメント 「ロバート・ダウニー・Jr.の卒業も近い」と発言する巻き込み事故に

THE RIVERでも以前お伝えした通り、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でキャプテン・アメリカ役を務めているクリス・エヴァンスが、『アベンジャーズ』4作目をもって同役を卒業する可能性がある。少なくとも、エヴァンスの出演契約が『アベンジャーズ』4作目で満了することは事実だ。

新作『ギフテッド(原題:Gifted)』のプロモーションで、エヴァンスはたびたび本件に言及している。以前はキャプテン・アメリカ役の卒業を肯定も否定もしていなかった彼だが、最新のインタビューでは、再び卒業に前向きとも思われる発言をしている。またエヴァンスは、トニー・スターク/アイアンマン役を演じる、ロバート・ダウニー・Jr.の今後についても発言しているのだが……。

卒業することに「後悔はない」

USA Today誌のインタビューに登場したエヴァンスは、キャプテン・アメリカを卒業することについて尋ねられ、今の気持ちを率直に述べている。契約の満了を控えた彼も、他の俳優がキャップのスーツを着るところを見るのはつらい、と話したのだ。しかし、その後に、彼は卒業についてこうも語っている。

「つらくない、と言えば嘘になるよ。でも時が流れることや、(誰かに)バトンを手渡すことも経験の一部だ。永遠に続くものなんてない。時に悲しくても、旅立ちは素晴らしいことだよね。喜ばしいことでもあるよ。僕はすごい人気を獲得したよ。でも、スーパーヒーローは再び作り直せる存在だ。バットマンやジェームズ・ボンドだってそうだよね。彼らの映画は、(ヒーローの)新しい肉体と、新しい物語の描き方を見つけている。僕はそのことに賛成だよ。でも彼ら(マーベル)は、『アベンジャーズ4』が終わった後も、その先へと進もうとしている。それは彼らの手にかかっていることだ。(役を)去ることを後悔はしないし、ずっと感謝してるよ」

この発言を素直に解釈するなら、すでにエヴァンスには、キャプテン・アメリカ役を卒業する強い意思がありそうだ。『アベンジャーズ』4作目(『アンタイトルド・アベンジャーズ(原題)』)以降のストーリーで、キャプテン・アメリカを演じるモチベーションは、今やほとんどないのかもしれない……。その理由の一つは、やはり彼の年齢のようだ。

「36歳が近づいてきて、(キャプテン・アメリカ役のための)トレーニングが少しつらくなってるんだ。できないわけじゃないよ。でも、大変にはなってきてる」

トニー・スタークの「卒業」も近い?

なお、このインタビューで、エヴァンスは共演者であるロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン役)の卒業も示唆している。しかも、そのタイミングは、どうやらエヴァンスの卒業よりも早いというが……。

「ロバート・ダウニー・Jr.が(トニー・スターク/アイアンマン役を)去る時がやってくる方が早いんだ。どうやってトニー・スターク役を入れ替えるのか、他の誰が(あの役を)演じられるのかはわからないけど」

まさか“キャップ卒業”の話題が、コミックで「トニー・スターク、アイアンマン引退へ」なる展開が起こった際にささやかれた“アイアンマン卒業”の話題再燃につながるとは、ダウニー・Jr.としても、これは“巻き込み事故”としか言いようがない事態ではないか……。

もっともダウニー・Jr.は、現在すでに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』『アンタイトルド・アベンジャーズ』の撮影に参加している。エヴァンスの出演契約がこの2作品で満了になることを考えると、仮にダウニー・Jr.の契約が同じく両作で満了になるとしても、二人が卒業するタイミングがズレるのは不可解だ。

ひとつだけ考えうるのは、ダウニー・Jr.扮するトニー・スタークが『インフィニティ・ウォー』だけで姿を消すという可能性である。『アンタイトルド・アベンジャーズ』にキャップは登場する、しかしトニーは登場しない、という展開がありえないとは言い切れないだろう。そういえばトム・ヒドルストンも、ロキ役を演じるのは『ソー/ラグナロク(原題:Thor: Ragnarok)』が最後だといわれている。それが真実だとすれば、同作でロキはどんな顛末を迎えるのだろうか?

クリス・エヴァンスの出演契約に関する話題から、これまでMCUを支えてきた俳優たちの“進退”の話題に……。いずれにせよMCUは、大きな転換点にあるのかもしれない。

Source: https://www.usatoday.com/story/life/movies/2017/04/04/chris-evans-captain-america-end-nothing-lasts-forever/100032306/
Eyecatch Image: http://www.etonline.com/news/184386_robert_downey_jr_chris_evans_preview_captain_america_civil_war_kids_choice_awards_thumb_wrestling_match/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly