Menu
(0)

Search

クリス・パイン、『L.A.コンフィデンシャル』幻の続編企画への出演可能性があった ─「『スター・トレック』と選択を迫られた」

クリス・パイン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43043463084/

スター・トレック』『ワンダーウーマン』シリーズなどのクリス・パインは、『L.A.コンフィデンシャル』幻の続編企画に出演する可能性があったのだという。

1997年に公開された『L.A.コンフィデンシャル』は、1950年代を舞台に、大量殺人事件の裏に仕組まれた陰謀に立ち向かう刑事たちを描くハードボイルドアクションだ。

クリス・パインといえば、2009年から始まった『スター・トレック』シリーズでジェームズ・T・カークとしてキャスティングされたことでブレイクした。もっとも、第1作目への出演を決めるとき、『L.A.コンフィデンシャル』続編企画の選択肢も存在していたようだ。米ポッドキャストにてクリスは、「『L.A.コンフィデンシャル』の続編をやるか、『スター・トレック』をやるかの選択を迫られていたんです」と当時を振り返っている。

そもそも、『L.A.コンフィデンシャル』続編とはどんな内容だったのか。それはジェイムズ・エルロイによる小説『L.A.四部作』の最終章、『ホワイト・ジャズ』を映画化するというもの。この映画化企画は、『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』(2006)『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(2010)などのジョー・カーナハンがメガホンをとり、ジョージ・クルーニー主演のもと進行していた。後にふたりは降板し、現状は頓挫したものと見られている。

クリスは、「“(ジョージ・クルーニーの役を)殺す風変わりな探偵役を演じてみたい”と姉に話した」と当初は続編企画に関心を寄せていたようだが、姉からの助言を受けて、『スター・トレック』でカーク役を演じてみたいと考えるようになったと説明している。

ちなみにクリスは現在、『スター・トレック BEYOND』(2016)につづくシリーズ第4作への復帰に向けて出演交渉中。クリスいわく脚本はまだ読めていないというが、「楽しみに待っています。このグループとチームを愛しています。この世界が大好きです。仕事に行くのが楽しみでなりません」と期待を寄せている

Source: The Playlist

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly