Menu
(0)

Search

『スター・トレック』クリス・パイン、第4作抜擢の監督を称賛 ─「ワンダヴィジョン」監督が手がける

クリス・パイン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43043463084/

2022年2月、J・J・エイブラムスのプロデュースのもと、『スター・トレック』シリーズ第4作が進行中であることが発表された。この度、主演として復帰交渉中のクリス・パインが、メガホンをとるマット・シャクマン監督を称賛している。

本作は、『スター・トレック BEYOND』(2016)につづくシリーズ第4作。既報では、2022年末までの撮影開始を目指し、スタジオがクリスほかメインキャストとの復帰に向けた交渉を行っている最中と伝えられていた。そんな俳優陣は本企画の存在を事前に知らされていなかったようだが、クリスいわく全員が興奮しているのだという

IndieWireのインタビューにてクリスは、『スター・トレック』第4作について尋ねられたところ、「正直に話すと、どうなっているのかはよくわかりません」と回答。「このことがアナウンスされた時点では、そんな企画が動いているとは誰も知らなかったと思います」とあらためて説明しながらも、「マット・シャクマン監督にお会いしました」と続けている。

シャクマン監督といえば、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)「ファーゴ」(2014−)などのエピソード監督を担当してきた。マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマ「ワンダヴィジョン」(2021)でも監督を務め、エミー賞獲得に導いた立役者のひとりだ。世界から注目を集める監督についてクリスは、「スーパークールガイで、とても賢く、僕は彼のことがとても好きです」と気に入っている様子。シャクマン監督ならではの独創的な演出に期待したいところだ。

脚本は、『カオス・ウォーキング』(2021)のリンジー・ビアーと、『キャプテン・マーベル』(2019)のジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレットによる草稿を基に、ジョシュ・フリードマンとキャメロン・スクワイアが執筆した。フリードマンは『アバター2(仮題)』、スクワイアは「ワンダヴィジョン」の脚本を手がけたことで知られる人物だ。

以前にも脚本はまだ読んでいないことを明かしていたクリスは、今回のインタビューでもまた、「脚本があることは知っているので、それを楽しみに待っています。このグループとチームを愛しています。この世界が大好きです。仕事に行くのが楽しみでなりません」と期待を寄せている。

Source:IndieWire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly