フィル・コールソン役俳優、『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソンを絶賛 ― 実は2006年の映画で共演していた

映画『アベンジャーズ』(2012)やドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013-)などメディアを超えてマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を支えてきたフィル・コールソン役のクラーク・グレッグが、2019年公開『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』の主演女優ブリー・ラーソンに賛辞を送った。

『アベンジャーズ』を最後にMCUの映画作品から退場しているクラークにとって、1990年代を舞台とする『キャプテン・マーベル』は、7年ぶりにフィル・コールソンとしてスクリーンに復帰する一本。米People TVでは、「『キャプテン・マーベル』の撮影はすごく楽しいですよ。[中略]1990年代が舞台なので…みんなM.C.ハマーのパンツを履いてます(笑)」というジョークも飛び出している。

 

番組でクラークが特に強調したのは、『ルーム』(2015)でアカデミー主演女優賞を受賞した、主人公キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンに対する印象だ。実は、ブリーとクラークは2006年の映画『Hoot(原題)』で共演していたのである。

「ブリー・ラーソンは素晴らしいですよ。素晴らしい人だし、素晴らしい俳優です。この役柄(キャプテン・マーベル)を見事に演じてますね。[中略]彼女がオスカーを獲ったことはみなさんご存知だと思うんですが、本当にスペシャルですよ。彼女が15歳の時に『Hoot』という映画で共演したので、また会えてうれしかった。(撮影は)15年近く前だったので、あの映画の子だってわからなかったんですよ。すごくうれしいです。彼女の仕事を見てると、最高の女優になったんだなと思いますね。」

もちろん『キャプテン・マーベル』は、ブリー・ラーソン以外にも充実したキャスティングがポイントだ。ニック・フューリーとして久々の本格登場となるサミュエル・L・ジャクソンのほか、ジュード・ロウやベン・メンデルソーン、アネット・ベニングといった強力な顔ぶれとの共演も、クラークは「すごく楽しいです」と話している。

ちなみに新ヒーローの単独映画第1弾となる本作は、いわゆるヒーローのオリジン・ストーリーを覆す内容になることが示唆されている。MCUが描く1990年代の地球と宇宙、一体どんな作品になっているんだろうか……?

映画『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』は、2019年3月8日に米国公開予定

Source: People TV
Eyecatch Image: 『エージェント・オブ・シールド』シーズン4 © 2016 MARVEL

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。