Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』堂々の米公開、予測上回る興収見込み ─ キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンスらも祝福

キャプテン・マーベル
© 2019 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作キャプテン・マーベルが順調な滑り出しだ。2019年3月8日より米公開を迎えたMCU初の女性ヒーロー単独映画は、公開初日の金曜日で米国内興行収入が6,140万ドル、初週末で1億5,550万ドルから1億6,000万ドルとなる見込み。米The Hollywood Reporterが伝えた。

単独ヒーローのデビュー作品としては、『ブラックパンサー』(2018)の同記録2億ドルに継ぐ規模。米大手チケット販売サイトFandangoの事前発表では、チケット前売セールスが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』以来の最高成績、MCU単独映画としては史上最高と伝えられていた。米The Hollywood Reporterの事前予想では、米国オープニング興行収入(公開後3日間)は1億2,500万~1億4,500万ドルとされていたが、難なく突破できる見込みだ。

MCUキャストも祝福

勢いよく飛び出した『キャプテン・マーベル』を、MCUのキャストらも祝福。キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース役のクリス・エヴァンスは、「Boom!! おめでとうブリー・ラーソン、相応しい結果!」と喜んだ。

また『ブラックパンサー』からは、オコエ役のダナイ・グリラが「今週末は劇場へ、歩いてではなく走って出かけてね。マイ・ガール、ブリー・ラーソンがキャプテン・マーベル役でかましてくれてるから!」と、シュリ役レティーシャ・ライトは「『キャプテン・マーベル』最高。インディー映画っぽい感じがブロックバスター映画になるのが最高!演技もドープ!自分がマーベル・ユニバースの一員であることが誇らしい気持ちで劇場を出ました」と称えた。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)公開。

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly