Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』米予告編、公開後24時間の再生回数が1億回を突破!『ブラックパンサー』の記録上回る

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上初、女性ヒーローが単独主人公となる映画キャプテン・マーベル米国版予告編とポスターが2018年9月18日(米国時間)に公開された。
このたび、米国版予告編の公開後24時間の視聴回数が1億900万回を記録したことが判明。本作に対して、早くも
大きな注目が集まっていることが如実に示されたことになる。

2018年9月19日(米国時間)、『キャプテン・マーベル』の米公式Twitterは「ファンの皆様のサポートに感謝申し上げます!マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』予告編の24時間での視聴回数が1億900万回を記録しました。Higher. Further. Faster. (編注:米国のキャッチコピー)」とツイート。ファンへの感謝の意を表している。

この発表を受けて、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン「私のおばあちゃんが1億回見たんだと思う。皆さんの興奮とサポートに感謝します。(作品の映像や情報を)もっと見てもらえるのが待ちきれない!」と、ユーモアを交えながらも喜びを語っている。

『キャプテン・マーベル』の1億900万回という再生回数は、社会現象となった『ブラックパンサー』(2018)の8,900万回を超え、MCU単独映画の第1作としては歴代一位の数字だ。MCU作品でこれを超える24時間の再生回数記録は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の米国版予告編2種類が保持する2億3,000万回、1億7,900万回と、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)第1弾予告編が保持する1億3,600万回のみ。なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の2億3,000万回という記録は、公開後24時間の視聴回数ランキング第1位である。
ちなみに『キャプテン・マーベル』の記録は、
同じ女性ヒーロー映画として比較されることの多い『ワンダーウーマン』(2017)の数字をも大幅に上回っているという。

『キャプテン・マーベル』は1990年代を舞台に、新たな女性ヒーローであるキャプテン・マーベルのオリジン(起源)が描かれる。出演者にはブリー・ラーソンのほか、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のベン・メンデルソーンらがMCU作品初出演。ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグは全編デジタル処理によって25歳若返った姿で出演するほか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)に登場したクリー人のロナン(リー・ペイス)&コラス(ジャイモン・フンスー)も再登場する。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国公開予定

Sources: Screen Rant, The Wrap

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly