Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』米国前売成績、『ワンダーウーマン』『アクアマン』超える ─ 初動興収1億ドル突破の見込み

キャプテン・マーベル
© MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初の女性ヒーロー映画、『キャプテン・マーベル』の米国におけるチケット前売成績が、『ワンダーウーマン』(2017)や『アクアマン』を超えたことがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

今回の情報を提供したのは、米国の大手チケット販売サイト「Fandango」。具体的な数字は発表していないが、『キャプテン・マーベル』の前売記録は、DCコミックス原作映画『ワンダーウーマン』『アクアマン』の同じ段階の記録をすでに抜いているという。

Fandangoにおける『キャプテン・マーベル』のチケット販売は2019年1月7日(米国時間)に開始されており、MCU作品としては『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)および『ブラックパンサー』(2018)に次いで史上3番目の売れ行きを示しているということだ。

2019年2月22日現在、『キャプテン・マーベル』の米国オープニング興収記録は1億~1億2,000ドルと予測されている。『ワンダーウーマン』は1億325万ドル、『アクアマン』は6,787万ドルという初動記録だったため、予測通りの結果となれば、『キャプテン・マーベル』は両作の記録を上回ってのスタートダッシュを切ることになるだろう。

しかし一方で、『ワンダーウーマン』は息の長いロングランによって、『アクアマン』は中国でのスマッシュヒットによって、ともに秀でた成績を残した2作品であった。これらに対して、『キャプテン・マーベル』は果たしてどんな勝負を挑むのだろうか。なお、ディズニー/マーベル・スタジオは、劇場公開に向けて『キャプテン・マーベル』のプロモーションをさらに推し進めていくことになる。今後の動きによっては、オープニング記録のさらなる伸びも十分考えられるところだ。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)全国ロードショー。海外では「今までのMCU作品とまったく違う」「とても野心的な作品」として大評判の一本、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)に備えて確実にチェックして!

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

海外の最速レビュー、まとめておきました

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly