Menu
(0)

Search

2016年秋はコリン・ファースが大活躍!作品で振り返る英国紳士の顔

年齢を重ねてもなお衰えぬ端正なルックス、スラリとしたスタイル。優しげな瞳に落ち着いた声、あふれ出る気品と知性・・・女性からの人気はもちろん、男性からも憧れられるまさに理想の英国紳士 俳優、コリン・ファース。

"Arthur Newman" Portraits - 2012 Toronto International Film Festival

舞台「アナザー・カントリー」、そして30代の時には出演した「高慢と偏見」で一世を風靡。今や映画界に欠かせない俳優の1人です!
自分の父親と全く同世代なのですが、そのダンディーな魅力や演技に いつも心ときめいてしまっています。

今回はそんなコリン・ファースのいろいろな”顔”を、彼の出演作品4つから見ていきたいと思います!

男の色気「シングルマン」

トム・フォード初監督作品の「シングルマン」。
劇中でコリンは同性愛の恋人を失った大学教授役を熱演。生きる希望を失ってしまった男のある1日を描き出している映画です。

「シングルマン」は”男の色っぽさ”が美しく繊細に描かれている映画だと思います。長年愛し続けた人を失った悲しみ。心から人を愛した人にしか分からない虚しさ、孤独。多くものを語ることはなく、”教授”として淡々と振る舞う コリン演じるジョージ。それでもその瞳には深い哀愁が見え、やるせなさが背中から滲みでています。
その悲しげな姿とは別に、恋人と過ごしている時の彼の幸せそうな顔・・・静かに、でも相手を想う気持ちが内側から滲み出ている暖かさ。筋肉美!セクシーなあごひげ!ではなく、”心の底から誰かを愛する”という内側の美。コリンだからこそ表現できた、大人の男の色気ではないでしょうか。

紳士はアクションもお手の物「キングスマン」

表の顔は高級テーラー、裏の顔はスパイ組織「キングスマン」!
テーラーの商品の裏側にずらっと並ぶスパイグッズ、防弾仕様のスーツに身を包んで傘からマシンガンをぶっ放しまくるという 「かっこい〜!」が止まらない痛快アクションムービー。日本でも大ヒットしましたよね!
今までコリンはアクションのイメージはなかったのですが、この映画で「戦いもできるんだ・・・いやそれでもダンディー・・・」と憧れてしまった人も少なくないのではないでしょうか。
キレッキレのアクションムービーでも優雅な英国紳士さを忘れない。でもやる時はやる、実は熱い男らしさがかっこいい!コリンの”静かなる熱さ”が堪能できる作品だと思います。

そしてこの秋、コリン出演の注目の作品が2作も!

不器用だけれど優しい男「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(10/29公開)

世界中の女性を爆笑と共感の渦に巻き込んだ「ブリジット・ジョーンズ」シリーズが10年ぶりにこの秋かえってきますね!
コリンは超お堅い弁護士、マーク役。表情変わらなすぎだよ!と終始思わず突っ込みたくなる彼、でも不器用だけれど一途にブリジットを愛し続ける姿に多くの女性がハートをわしづかみにされたはずです。
真面目すぎるほど真面目で近寄りがたく、自分の感情をめったに表に出さない。それでも内側には熱い激情が流れている。コリンが演じる様々な英国紳士、この「ブリジット・ジョーンズ」でも クールで生粋の英国紳士像を感じることができると思います。(私は第1作目を最初に観たとき、コリンは本当にこんな無愛想な人なんだと勘違いしました)

まさかのアメリカ人役!?「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」(10/7 公開)

数々の名作を手がけた編集者パーキンズと、作家トマス・ウルフの関係を描いた現在公開中の映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」。
この作品で驚いたことは、”英国紳士”イメージの強いコリンがアメリカ人の編集者を演じていたこと。どんな感じなのだろう・・・? と想像もつかずに見たのですが、いい意味で「やっぱりコリン・ファースだ」とふと。
天才であり、父親であり、仕事を愛する者であり、友情を育む者であり、1人の男であり人間である。イギリス人ではなくアメリカ人、ロンドンではなくニューヨークであっても変わらない”本当の真の紳士”の顔を見ることができました。

活躍がますます止まらないコリン・ファース。王様に弁護士にスパイに探偵に・・・様々な顔を見せてくれる彼ですが、どの作品でも静かで暖かく、成熟した大人の男性のオーラを私たちに見せてくれます。
この秋は男性の方も女性の方も、ぜひ劇場でコリン・ファースの魅力を堪能されてみてはいかがでしょうか!

Eyecatch Image:http://muzul.com/celebrity/colin-firth/

Writer

Moeka Kotaki
Moeka Kotaki

フリーライター(1995生まれ/マグル)

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly