Menu
(0)

Search

ヘンリー・カヴィルがスーパーマン役復帰を語る?コミコン登場説で話題に

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘンリー・カヴィル インタビュー
©THE RIVER

ヘンリー・カヴィルが、スーパーマンを再び演じるかもしれない?そんな噂がにわかに持ち上がっている。

発端は、米Deadlineに掲載された2022年のサンディエゴ・コミコンの見どころ特集記事。現地のコミコンといえば、映画やドラマの新作企画の発表や情報解禁がなされる場としてお馴染みだ。2020年と2021年はパンデミックのため中止・バーチャル代替開催となっていただけに、今年は待望のリアル開催という注目もある。

マーベルや、話題の新ドラマ「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」、「ゲーム・オブ・スローンズ」新章となる「ハウス・オブ・ドラゴン」など期待作のパネルや発表がズラリと伝えられる中、Deadlineの記事には気になる一文がある。DC関連の発表の中で、「ヘンリー・カヴィルがサプライズ登場し、さらなるスーパーマンについて話すという話題もある」と記しているのだ。

『マン・オブ・スティール』(2013)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)『ジャスティス・リーグ』(2017)でスーパーマン/クラーク・ケントを演じたヘンリー・カヴィルだが、2018年9月には米メディアで同役“卒業”との報道が登場した。米ワーナー・ブラザースとカヴィル側の契約が破綻したというのだ。しかし、その後はカヴィル本人から「まだ諦めていない」と粘りのコメントが出されたり、また復帰に向けて再契約交渉中だとの報道もあったりと、“希望”は繋がれていた。

一方でDCユニバースでは、『ジョーカー』(2019)や『ザ・バットマン』(2022)でのアプローチに倣ってか、リブート企画として黒人版スーパーマンを映像化する動きもある。すると、カヴィルが演じたスーパーマンの立ち位置はどうなるのか?結局のところ、現在までにカヴィル版スーパーマンの将来に関する具体的な情報は聞こえていなかった。

米Deadlineは少なくとも何らかの情報ソースを入手した上で、カヴィルのコミコンサプライズ登場の可能性を報じているはずだ。仮に本当に登場するとして、それが単なるファンサービスに終わるか、あるいはスーパーマンを再演する新企画の発表になるかは未知数。DCのパネルには『ブラック・アダム』ドウェイン・ジョンソンとジャウム・コレット=セラ監督、および『Shazam: Fury of the Gods(原題)』のザッカリー・リーヴァイも登場するので、この2作に関連している可能性もある。パネルは現地時間7月23日10時15分(日本時間24日2時15分)より開始。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly