ヘンリー・カヴィル、スーパーマン役を卒業か ─ 米報道 マネージャー、ワーナーは否定的、ヘンリーも反応

(2018年9月13日 午前2時50分、午前3時15分、午前10時30分、記事下部に追記あり)

DC映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』などでスーパーマンを演じたヘンリー・カヴィルが、同役を卒業することになるかもしれない。The Hollywood Reporterが報じた。


ヘンリー・カヴィルは、2013年の映画『マン・オブ・スティール』でスーパーマン/クラーク・ケント役としてデビュー。以来、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)、『ジャスティス・リーグ』(2017)で同役を演じた。

The Hollywood Reporterの報道によれば、カヴィルのエージェンシーと米ワーナー・ブラザース間での契約が破綻。カメオ登場が検討されていた2019年4月米公開予定のDC映画新作『シャザム!(原題:Shazam!)』ばかりか、今後の作品への出演の可能性もなくなったという。

スーパーマン役 なぜ終わる

ファンの間でも定着したカヴィル版スーパーマンをなぜ打ち切るのか。The Hollywood Reporterがその理由として伝えるところはふたつだ。

ひとつは、ワーナー・ブラザースが目下、スーパーガールの映画化企画を進めていること。スーパーマンのいとこであるスーパーガールがティーンエージャーとして描かれる本作では、35歳(記事公開時点)となるカヴィルの年齢では整合性が取れないためだという。

もうひとつは、ワーナーが今後数年の間にスーパーマンの単独映画を制作する予定がないためだ。単独作品『マン・オブ・スティール』の続編については、これまでもカヴィルが「水面下でいろんな話し合いをしている」、DCコミックスおよび映画の重要人物であるジェフ・ジョンズが「調整しているところ」と語ってきたものだったが、この度の報道ではそれらの希望が全て覆される形となった。報道では、スタジオ関係者の話として以下のコメントが掲載されている。

「スーパーマンはジェームズ・ボンドみたいなものだ。ある程度走ったら、新しい役者を探さなくてはいけない。」

映画『マン・オブ・スティール』のスーパーマン

©2013 Warner Bros. Ent. Inc. All Rights Reserved. MAN OF STEEL and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.

また、カヴィルが同時期に人気ゲーム『ウィッチャー』のNetflixドラマへ出演が決定したことも関係する。『シャザム!』へのカメオ出演が叶わなくなったのは、『ウィッチャー』と撮影スケジュールが競合するためだとされるが、同記事の情報によれば『ウィッチャー』との契約はワーナーの「行き詰まり」後になされたものであり、ワーナー側の戦略変更(つまり、カヴィルのスーパーマン役撤退)を示唆しているとも推察される。「過去の数作はうまくいかなかったという認識だ」というスタジオ内通者のコメント、さらに別の情報提供者より得たものとして、ワーナーはDCユニバースを「リセット」し、ゆるやかに方向転換を行いたい方針だとのコメントが伝えられた。

どうなる『ジャスティス・リーグ』

それにしても不可解なタイミングである。ワーナー・ブラザースとDCユニバースは、『ジャスティス・リーグ』を中心に人気コミックヒーローの単独映画展開を進めていると見られていたからだ。

同作に登場したヒーローからは、2018年12月に『アクアマン』(日本2019年2月)が、2019年には『ワンダーウーマン1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)が、2020年にはフラッシュの単独映画が公開予定となっていた。各キャラクターが独自の物語を深めた上でジャスティス・リーグの再集合が期待されていたが、ここにカヴィル版スーパーマンは不在となる可能性が高まった。また、ベン・アフレックもバットマン役辞退の意向が伝えられており、単独作品として予定される『ザ・バットマン』には登場しないと考えられている。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘンリー・カヴィル インタビュー

©THE RIVER

ヘンリー・カヴィルは、2018年7月に出演作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』で来日、THE RIVERのインタビューにはスーパーマン役への思いや役作りの苦労を語っていたばかりだった。

【追記1】2018年9月13日 午前2時50分

ヘンリー・カヴィルのマネージャーを務めるダニー・ガルシア氏が、Twitter上で本件に関するコメントを発表した。

「落ち着いてください。マントは今も彼のクローゼットにありますよ。ワーナー・ブラザースがDCユニバースを発展させる限り、これまでも、これからも私たちのパートナーであり続けます。ワーナーからの見解は本日後ほど発表となるでしょう。」

【追記2】2018年9月13日 午前3時15分

Varieryは、本件に関する米ワーナー・ブラザースの見解を掲載している。

「スーパーマン映画の今後の予定は現在ございませんが、ヘンリー・カヴィルへはいつも多大な敬意と素晴らしい関係性がございます。それは変わらず続くものです。」

【追記3】2018年9月13日 午前10時30分

ヘンリー・カヴィルは自身のInstagramで、スーパーマン役に関する無言の動画メッセージを投稿した。「美しく青きドナウ」(のワンワンver.)と共に、スーパーマンのアクションフィギュアを手にしている。

View this post on Instagram

Today was exciting #Superman

Henry Cavillさん(@henrycavill)がシェアした投稿 –

【追記4】2018年9月13日 午後12時40分

本報道ならびに一連の声明発表については、以下記事で詳しく解説している。

【解説】ヘンリー・カヴィル、スーパーマン卒業報道で生じた謎 ― 完全否定なし、DC映画の奇妙な人事、後任者起用の可能性

Source:THR,Variety

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。