Menu
(0)

Search

マーベル『キャプテン・アメリカ』第4作が進行中 ─ 「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」脚本家が就任

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の単独映画キャプテン・アメリカ』シリーズの続編となる第4作『キャプテン・アメリカ4(仮題)』の製作が進行中であることがわかった。脚本に、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を手がけたマルコム・スペルマンが就任した。米The Hollywood Reporterが報じている。

本作は、2011年から2016年までクリス・エヴァンスが主演を務めた『キャプテン・アメリカ』シリーズの第4作として企画が進行中。監督やキャストの起用は現時点で行われておらず、企画は初期段階にあるものと思われる。スペルマンと共に、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でスタッフライターを務めたダラン・ミュッソンも脚本を執筆する。

詳細は不明だが、報道によれば「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」で描かれたアンソニー・マッキー扮するサム・ウィルソンのストーリーが継続されていく可能性が高いという。2021年4月23日に最終話が配信された同シリーズでは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でスティーブ・ロジャース/初代キャプテン・アメリカが託した盾の継承を巡る物語が展開された。『キャプテン・アメリカ』シリーズに登場した複数のキャラクターが再び姿を見せ、中には今後のMCUに大きな影響を与えると思われる人物も示唆されている。

なお、2021年1月にMCU復帰が報じられたスティーブ・ロジャース役のクリス・エヴァンスの本作での関与、ならびに出演については定かでない。復帰報道直後、エヴァンス自らがTwitterで「初耳です」と反応し、同年3月にはマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギも「噂は彼が晴らしたはず」とコメントを出していたため、エヴァンスがMCU作品に再出演するのかは不明だ。米Deadlineは、仮にエヴァンスが再登場することになっても、その復帰する作品は『キャプテン・アメリカ』第4作と「別物になるだろう」との見立てを伝えている。

あわせて読みたい

Source: THRDeadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly