Menu
(0)

Search

クリス・エヴァンスのキャプテン・アメリカ復帰報道、否定か ─ マーベル・スタジオ社長が言及「噂は彼自身がすぐに晴らした」

クリス・エヴァンス Chris Evans
David Gabber /Landmark Media 写真:ゼータ イメージ

2021年1月に報じられたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のキャプテン・アメリカ役を卒業したクリス・エヴァンスの復帰報道について、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが否定をほのめかしている

米Deadlineが伝えた同報道では、エヴァンスがキャプテン・アメリカ役をいかにして再演するのかは不明であり、スタジオ側との契約締結の有無も定かでないと伝えられていた。この報道と同日、議論の的となったエヴァンス本人がTwitterで反応。「初耳です(News to Me)」と記し、肩をすくめる絵文字を添えていた。

エヴァンスのこの反応が、復帰を否定するものなのか、あるいはジョークなのか、その真意こそ定かでなかったが、このたびファイギ社長が、エヴァンスの復帰報道について遂に口を開いた。米Entertainment Weeklyのインタビューにて、以下のように述べている。

「私は今じゃ何事にもノーということはめったにありません。実現するものに対して常に驚かされているからです。しかし、その噂は彼(エヴァンス)自身がすぐに晴らしたと思いますよ。

エヴァンスの復帰に対して断言こそしなかったファイギ社長だが、この発言は事実上の否定と捉えられるだろう。『エンドゲーム』公開後、エヴァンスはキャプテン・アメリカ役を卒業したことを明言。そんな中、間を置くこと無く伝えられた復帰報道には、エヴァンスの発言とは相反する違和感も否めなかった。

今もなおファンの間では復帰を求める声が相次いでいるが、以前エヴァンスは再演について「観客が期待しているからという理由だけではやれません」と、その思いを明かしていた。やはりエヴァンスのキャップ姿はそうすぐには拝めないのだろうか…。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly,Chris Evans

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly