Menu
(0)

Search

『007』ダニエル・クレイグがハリウッド殿堂入り ─ ラミ・マレックと抱き合う熱い瞬間も

https://youtu.be/soaYXVktrDY

『007』シリーズなどのダニエル・クレイグが、ハリウッド殿堂入りを果たした。

この度、ダニエル・クレイグが名を刻まれることになったのは、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム。そこはエンターテインメント界の著名人たちの名前が刻まれた、アメリカ・ロサンゼルスの大通りだ。ジェームズ・ボンド俳優としての殿堂入りするのは、3代目ロジャー・ムーア、5代目ピアース・ブロスナンにつづき、3人目となる。2,740人目の殿堂入りとなったクレイグは、『007』にちなんでハリウッド・ブールバード(ハリウッド大通り)7007番地に刻まれ、ロジャー・ムーアの隣に位置する形となった。

2021年10月6日(米国時間)に式典が開催され、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』のラミ・マレックが登壇し、ダニエル・クレイグの殿堂入りを祝福した。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』にてマレックはヴィランのサフィン役として出演し、クレイグと共演を果たしている。マレックは式典にて、「もしも、悪役を演じられる機会に恵まれたら、善人が伝説になるように務めた方がいい。この方は最高です」と、クレイグを讃えている。マレックが握手を求めると、感極まった様子のダニエルは、握手を交わすのではなく、マレックに抱擁で応えた。まさに感動の瞬間だ。

6代目ジェームズ・ボンドとして、『カジノ・ロワイヤル』(2006)をはじめ、『慰めの報酬』(2009)、『スカイフォール』(2012)、『スペクター』(2015)、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)まで活躍した英国出身の名優、ダニエル・クレイグ。そのほかには、スティーブン・スピルバーグによる『ミュンヘン』(2005)、デヴィッド・フィンチャーによる『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)、スティーブン・ソダーバーグによる『ローガン・ラッキー』(2017)、ライアン・ジョンソンによる『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019)など錚々たる監督たちの作品にも出演してきた。ハリウッド映画界を牽引してきた俳優として、その名が永遠に刻まれることになった。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly