Menu
(0)

Search

【プレゼント】『クロール ―凶暴領域―』THE RIVER独占試写に50名様ご招待 ─ ワニから逃げ切れ、サム・ライミが放つ予測不能サバイバルスリラー

クロール ―凶暴領域―
(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ハリケーン、浸水、大量ワニ!絶体絶命のピンチを切り抜けろ!

最大級のハリケーンに見舞われたフロリダにて、雨風によって実家に閉じ込められた父娘が大量発生したワニから脱出を計るサバイバルスリラー『クロール -凶暴領域-』が2019年10月11日より公開となる。


かつては『ジョーズ』(1975)から、近年では『オープン・ウォーター』(2004)、『ロスト・バケーション』(2016)など、海でサメに遭遇するサバイバル映画は数多く存在した。昨年日本でもヒットした『MEG ザ・モンスター』(2018)も記憶に新しい。しかし、サメは水から離れれば逃れられるが、今回対峙する相手は、陸でも水でも動くことができる最強の爬虫類=ワニである。それも我が家という本来ならば人が安らぎを感じる場所で対決しなければならない。

クロール ―凶暴領域―
(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

製作を手掛けたのはサム・ライミ。『死霊のはらわた』(1981)でコアなファンをうならせ、トビー・マグワイア主演『スパイダーマン』シリーズで一時代を築いた後、近年はプロデューサーとして『ドント・ブリーズ』(2016)も送り出した。そのサム・ライミが新たに仕掛ける、一瞬たりとも気が抜けないサバイバルスリラーがついに日本上陸だ。

『ドント・ブリーズ』でも描かれたシチュエーション・スリラーの演出は、本作でもふんだんに使用されており、ワニだけではない驚きと衝撃の連続に、上映時間88分間、息つく暇さえ与えない。予測できない驚きの連続に、果たしてあなたは最後まで耐えられるか?

THE RIVERでは、『クロール ―凶暴領域―』をいち早くお届けするべく、独占試写会を開催、50名様をご招待する。

プレゼントキャンペーン概要

『クロール ―凶暴領域―』THE RIVER独占試写

日時:2019年10月2日(水)
18:30開場/19:00開映(上映時間88分)
※上映後に、作品に関する簡単なアンケートへのご協力をお願いしております。

場所:東宝東和試写室 
東京都千代田区一番町18 川喜多メモリアルビル

応募方法:
(Twitterで応募する場合)THE RIVER公式Twitterアカウントをフォロー後、応募用ツイートをリツイート、以下フォームへ必要事項をご記入下さい。

(Instagramで応募する場合)THE RIVER公式Instagramアカウントをフォロー後、応募用ポストにいいね!、以下フォームへ必要事項をご記入ください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

THE RIVERさん(@theriver.jp)がシェアした投稿

応募締切:
2019年9月19日(木)23時59分まで

当選者:
50名様(ペアご招待ではありませんのでご注意下さい。)

当選発表方法:
招待メールの発送をもって代えさせていただきます。

『クロール ―凶暴領域―』

クロール ―凶暴領域―
(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

大学の競泳選手ヘイリーは、姉からの連絡で父・デイブが、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダの町で、連絡が取れなくなっていることを知る。ヘイリーが子供の頃は水泳コーチとして、様々な大会に共に挑んできたデイブだったが、両親の離婚もあり近頃は疎遠になっていた。避難勧告が出る中、家族との思い出が詰まった実家に戻ったヘイリーは、地下で重傷を負い気絶しているデイブを見つけ、運びだそうと奮闘する。しかし、突如現れた巨大なワニが行く手を阻み、襲いかかってきた!突然のことに訳も分からずひたすら逃げ、地下の奧に隠れたものの、父娘は身動きが取れなくなってしまう。

逃げる途中でスマホを落としたことに気づいたヘイリーは、スマホから救助を呼ぼうと、ワニが離れた場所に潜んでいることを確認しながら避難場所から這い出る。なんとかワニに気づかれずスマホを手にした途端、背後でうなり声が・・・・。振り返ると、もう1頭のワニがヘイリーのすぐ後ろで口を開けていた!右足を噛まれて引きずられた彼女は、必死の抵抗で難を逃れるが、自らも足に重傷を追ってしまう。

雨足はどんどん強くなり、地下の水位は上昇し続けている。それに伴い、ワニの動きはどんどん活発になってゆく。既に近所は避難をして、孤立無援の状態。いったい何頭のワニがいるのか?そもそもなぜ、我が家の地下にワニがいるのか?疑問は湧くが、考えているような時間はない。かつて過ごした我が家に閉じ込められたヘイリーとデイブは、地下が水に沈む前に脱出を試みようとするが ──。

監督は、フランス出身のアレクサンドル・アジャ。2003年に公開された『ハイテンション』が、壮絶な残酷描写で話題になりフランス国内で大ヒット。 日本でもカルト的人気を放っている。近年ではハリウッドで『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフ主演『ホーンズ 容疑者と告白の角』(2013)や、単館ながら日本でもロングランされた『ルイの9番目の人生』(2015)などドラマ性の高いサスペンス映画で評価を得てきたが、本作では普通の女性が突如、危機的状況に立ち向かうという、本来アジャが得意とするジャンルで、彼の感性が遺憾なく発揮されている。

『クロール ―凶暴領域―』は、2019年10月11日(金)全国ロードショー。
配給:東和ピクチャーズ

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly