Menu
(0)

Search

ライミ版『スパイダーマン』プロデューサー、「ムーンナイト」で15年ぶりにマーベル作品へカムバック

ムーンナイト
(C) 2022 Marvel

サム・ライミがメガホンを取ったスパイダーマン3部作でプロデューサーを務めたグラント・カーティスが、ディズニープラス(Disney+)の新ドラマ「ムーンナイト」で15年ぶりにマーベル作品へカムバックする。

ライミ監督と3部作でタッグを組んだカーティスがマーベル作品に携わったのは、2007年に公開された『スパイダーマン3』が最後。マーベルとの協業にブランクが空いたが、作品に対する取り組み方などに違いを感じたのだろうか。米Comicbook.comのインタビューで、カーティスが回答している。

変化は多くありません。『スパイダーマン』であれ『アイアンマン』であれ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』であれ、(マーベル・スタジオの社長)ケヴィン・ファイギという真の天才により、こういったマーベルの全物語が強烈なキャラクターの探求に軸が置かれ、そういう点が作品をユニークにしているのだと思います。

それが、マーベル作品を良くしているのです。こういった驚くべきスペクタクルが後から加わり、信じられないような旅と素晴らしい体験になるのです。まさにマーベルはトップに立っています。だからこそ常に新鮮さがあり、一方で常に親しみやすさもあるのだと思います。すべてがキャラクターに支えられているからです。

マーベル・キャラクターの良さは何年経っても変わらないため、カーティスは久しぶりにマーベル作品にカムバックしても違和感がなかったようだ。またカーティスは、ライミ版トリロジーで監督から「常にキャラクターを第一に考える大切さ」を学び、「ムーンナイト」では主人公スティーヴン・グラントと別の人格マーク・スペクター、そしてムーンナイトに関心を持ち続けるようにしたとも語っている。

ちなみに、ライミ版『スパイダーマン』に主演したトビー・マグワイアも、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で15年ぶりにマーベル・ユニバースへカムバック。また、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』で監督を務めるライミも15年ぶりにマーベル作品に復帰となり、奇妙な偶然が重なっている。

カーティスが15年ぶりにマーベルと再タッグを組む「ムーンナイト」は、ディズニープラスにて2022年3月30日(水)16時より日米同時配信開始。

Source:Comicbook.com

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly