Menu
(0)

Search

ジャスティス・リーグ登場のDC『サイボーグ』単独映画は引き続き進行中か ─ 父親役俳優が内容明かす

映画ジャスティス・リーグ』(2017)に登場したヒーローの一人、サイボーグ。とある事故以来身体の半分が機械になってしまった悲哀のヒーロー、サイボーグことビクター・ストーンの単独映画化企画は現在着々と進行しているようだ。米国時間2018年1月11日、ETが報じた。

この度サイボーグ単独映画の企画について明かしたのは、映画『ジャスティス・リーグ』(2017)でサイボーグの父親サイラス・ストーンを演じたジョー・モートンだ。

「私の知るところでは、サイボーグの単独映画化はあります。サイボーグと私、家族、サイボーグになるまでの経緯などが描かれるようです。」

なおETによれば、モートンはバットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)『ジャスティス・リーグ』(2017)そしてサイボーグ単独映画の3作品への出演契約を交わしているという。モートンはこの映画化について、黒人のヒーローはあまりいないことから「とてもエキサイティングだと思う」と語る。「この国で黒人でいるということはどんな意味を持つかという、一種の寓話ですからね。」

DCと言えば、製作陣営再編に伴いDC映画ユニバースの規模を縮小するのではないかといった報道もあった。実際にザ・バットマン(仮題)』のキャスティングや脚本作業はスローペース『グリーン・ランタン・コァ(原題:Green Lantern Corps)』もこの陣営再編の影響を受け先行き不透明な状況だ。『サイボーグ』映画化について米ワーナーはコメントを控えているものの、ひとまずは安心できると考えたい。サイボーグ単独映画は、現時点では2020年の公開を予定している。

(文:まだい)

Source: http://www.etonline.com/joe-morton-opens-about-potential-cyborg-movie-exclusive-94096

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly