米ワーナー、DC映画の規模縮小か ― 事実上の人員削減、新体制で再出発「ディズニーと同じことはできない」

映画『ジャスティス・リーグ』の興行的不振は、どうやら米ワーナー・ブラザースにとって相当の打撃だったようだ。合計で約3億ドルに達していたという製作費に対して、全世界興行収入は約6億5,400万ドル(Box Ofiice Mojo調べ)。採算分岐点は約9億ドルといわれていたため、これが事実なら、ワーナーは「スーパーヒーローのクロスオーバー」という一大チャンスで大きな赤字を背負ってしまったことになる。

そして現在、ワーナーはDC映画ユニバースの規模縮小を視野に入れているようなのだ。ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ幹部の配置転換、DC映画製作陣のリニューアルが意味するものとは……。米The Wrap誌の取材で、ワーナーCEOのケビン辻原氏から衝撃的な発言が飛び出している。

「私たちにディズニーと同じことはできない」


2018年1月9日、米ワーナー・ブラザース・エンターテインメントの映画製作・配給部門にあたるワーナー・ブラザース・ピクチャーズは、首脳陣の配置転換を告知した。これまで全世界での配給・マーケティングを担当していたスー・クロール氏が職を離れ、その職務を担う人物として、トビー・エメリック氏が「会長」なる新たなポストに就いたのだ。トビー氏は映画の製作から配給に至るまで、ワーナー・ブラザース・ピクチャーズの統括を担当することになる。

また時をほぼ同じくして、ワーナーはDC映画ユニバースを指揮する人物を入れ替えてもいる。プロデューサーのジョン・バーグ氏が離脱し、後任者として『死霊館』シリーズや『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)などのウォルター・ハマダ氏が就任したのだ(DCコミックスのジェフ・ジョンズ氏は現職に留まったが、今後はアドバイザー的な方向にシフトしていくともいわれている)。

この配置転換が行われる以前、ワーナー・ブラザース・ピクチャーズでは、創作面をトビー氏が、配給・マーケティング面をスー氏が統括していた。このたびトビー氏が全体の采配を一手に引き受けることは、ある意味では人員削減にほかならない。
しかしThe Wrap誌の取材によると、あるワーナー関係者は、この配置転換について「キッチンからシェフが減ることは、映画を作る上では必ずしも良い決断とはいえないが、マーケティングの面ではそうではない」と述べたという。スー氏による『ジャスティス・リーグ』の宣伝は――スーパーマンの姿を事前に示さなかったことも含めて――内部でも「おかしな判断」だといわれていたようなのだ。ちなみにスー氏本人は、現在も『ジャスティス・リーグ』のプロジェクト全体を支持しているという。

 

では、新たにワーナー・ブラザース・ピクチャーズのトップとなったトビー氏は、今後自社のヒーロー映画をどのように転がしていくのか……。ところがワーナー・ブラザース・エンターテインメントのケビン辻原CEOは、早くも「トビー氏は青信号、私は赤信号」と発言。“ワーナーのボス”として、早くもトビー氏を牽制するような言葉を口にしているのである。

「ワーナー・ブラザースはこれまで続けてきたことを継続していかねばなりません。つまり、業界で最も大きな規模、最も多様な映画を作るということです。それこそが我々を成功に導いてきたのであって、私たちにディズニーと同じことはできないんです。彼らは非常に、非常に良い仕事をしていますが、それは私たちの仕事ではない。あらゆる種類の、あらゆるジャンルの映画を、バランスよく作り続けなくてはなりません。」

現在、DC映画ユニバースは『ワンダーウーマン2(仮題)』や『シャザム!(原題:Shazam!)』、『スーサイド・スクワッド2(仮題)』などが待機中。かねてより製作がアナウンスされていた『ザ・バットマン(仮題)』はスローペースで準備が進められているほか、『グリーン・ランタン・コァ(原題:Green Lantern Corps)』は企画継続中ながら今後は不透明だという。ワーナー幹部、そしてDC映画幹部による新体制のもと、今後のラインナップには再検討が行われているようだ。

Sources: https://www.thewrap.com/warner-bros-shake-up-dc-films-fewer-cooks-justice-league-wonder-woman/
http://variety.com/2018/film/news/warner-bros-shakeup-toby-emmerich-sue-kroll-1202658430/
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=dcfilm1117.htm
The DC logo is a trademark of DC Comics.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。