Menu
(0)

Search

DC単独映画『ザ・バットマン』製作はまだまだ初期段階 ― ストーリーは考案済み、脚本は存在せず

DC映画ユニバース作品、映画ザ・バットマン(仮題)』は、依然としてゆるやかなペースで準備が進められているようだ。
同作はブルース・ウェイン/バットマンを主人公とした、DC映画ユニバースでは初めての単独映画版「バットマン」。企画当初はベン・アフレックが脚本・監督・主演を兼任する予定だったが、2017年1月に脚本・監督を降板している。その後任者には、『猿の惑星:聖戦記』(2017)などのマット・リーヴスが就任していた。

このたび、ポッドキャスト“The Q&A with Jeff Goldsmith”に登場したリーヴス監督は、久々に『ザ・バットマン』の製作状況を明かしている。

脚本未執筆、劇場公開は2020年以降か

およそ2時間にわたるポッドキャストの最後に、『ザ・バットマン』について尋ねられたリーヴス監督は、やや口ごもりながら現状を口にした。いわく「概要を書いているところ(outlining)です。計画しているストーリーはあるので、その概要を書いているんですよ」とのことだ。

概要を執筆する作業は、映画製作において脚本作業“以前”の段階にあたる。作品のストーリーをあらかたまとめたものをスタジオ(本作の場合はワーナー・ブラザース)に提出し、そこで承認を受けるための作業なのだ。これを経て脚本作業が始まるわけで、すなわち『ザ・バットマン』は脚本の執筆をすぐさま始められる状況ではないとみられる。

これまでリーヴス監督は、自身の監督する『ザ・バットマン』について、アルフレッド・ヒッチコック監督作品の影響を受けた「ノワール風探偵映画」にしたいと語ってきた。ワーナー側もそうしたアイデアを非常に喜んでいたそうだが、そうした構想が具体化されるにはもう少し時間がかかることになりそうだ。

なお『ザ・バットマン』の脚本・監督を務める予定だったベン・アフレックは、本作にてブルース・ウェイン/バットマン役を演じるかどうか、はっきりとした決断を下していない(2018年1月9日時点)。当初は続投するとみられていたが、アフレック自身が本作への出演について「検討中」と述べているのだ。
ただし、現時点でアフレックが映画の内容を出演の検討材料にできないとすれば、その決断は『ザ・バットマン』の脚本作業が進んでからになる可能性もあるのではないだろうか。

映画『ザ・バットマン(仮題)』は2018年夏にも撮影が始まるとも噂されていた。ただし現状から鑑みると、脚本作業やキャスティング、その他の事前作業を残りの数ヶ月間で終えることは非常に難しそうである。仮に今後もこのペースで製作が進められる場合、劇場公開は早くとも2020年ごろになりそうだ……。

Source: https://screenrant.com/matt-reeves-batman-movie-story-script/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly