Menu
(0)

Search

108人 vs 2千人、ベトナム戦争の激戦『デンジャー・クロース 極限着弾』公開決定 ─ オーストラリア映画界が総力を結集、伝説の戦闘描く

デンジャー・クロース 極限着弾
© 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA

『マッドマックス』シリーズなど、アクション映画大国として知られるオーストラリアの映画界が総力を結集した本格戦争映画『デンジャー・クロース 極限着弾』が2020年4月17日(金)より公開される。ベトナム戦争における知られざる激戦、極限の救出劇を捉えた予告編も到着した。

本作が描くのは、1966年8月18日、南ベトナムの農園地帯ロングタンにて、オーストラリア軍108人がベトナム解放民族戦線(ベトコン)2,000人と対峙した伝説の戦闘「ロングタンの戦い」。タイトルの“デンジャー・クロース”とは「味方にも砲撃が届くほどの超至近距離交戦」の意だ。

1966年8月18日未明、南ベトナム。ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地が、ベトコン部隊による迫撃砲の急襲を受ける。発射地点を突き止めるため、ハリー・スミス少佐率いるオーストラリア軍D中隊は、第10・11・12の3小隊に分かれて偵察を開始。第11小隊はベトコン兵と遭遇するが、敵兵は散り散りに逃げ出した。しかしその時、小隊はすでにベトコン兵の大軍に囲まれていた。機関銃の掃射を受け、小隊28人の半数以上がわずか20分で負傷、応援部隊も近づけないジャングルで絶体絶命の状況に立たされてしまう。そんな中、少佐は、目前の敵に後方から迫撃砲を撃つよう基地に求めた。「極限着弾(デンジャー・クロース)」それは味方にも超至近距離で砲撃する、小隊が全滅しかねない危険な作戦だった。

デンジャー・クロース 極限着弾
© 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA

予告編では、森林地帯を進む小隊に容赦ない機関銃掃射が浴びせられる様子や、自らの命を顧みず、砲撃を受けても怯むことなく向かってくるベトコン兵の姿、四方八方から銃撃を受ける絶体絶命の状況が映し出されている。「この場所を、我々ごと砲撃せよ」。全く逃げ場のない極限下で、味方の命を失いかねない危険なミッション「デンジャー・クロース」が要請される。D中隊を率いるスミス少佐は、危険地帯で孤立する11小隊の救助を決断し、かたや本部でも、応援部隊を出撃させるか否かの決断が迫られていた。戦闘機のナパーム弾投下、UH-1ヘリによる援護射撃、ジャングルでの激しい銃撃戦など、緊迫感たっぷりのリアルな映像が見どころだ。

デンジャー・クロース 極限着弾
© 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA

オーストラリア軍108人が、南ベトナムの農園地帯ロングタンにて、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)2,000人に対峙した「ロングタンの戦い」。戦闘時間4時間に対し、1日の損失はオーストラリア軍が戦ったベトナム戦争史上最大という過酷な戦いだったにもかかわらず、功績を称えられることなく、50年ものあいだ封印されてきた伝説の戦闘が、圧倒的な臨場感をもってついに映画化される。

ギャラリー

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』は2020年4月17日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly