Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』リドラー役ポール・ダノが続編に前向き、「連絡あれば駆けつける」

ザ・バットマン リドラー
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

DCコミックス映画『THE BATMAN―ザ・バットマン―』でヴィランのリドラーにふんし、狂気に満ちた演技で観客を釘付けにしたポール・ダノが、続編への復帰に前向きな姿勢を見せている。

『ザ・バットマン』の続編について現時点では、バットマン/ブルース・ウェイン役で主演したロバート・パティンソンが続投し、マット・リーヴスが再び脚本・監督を務める以外の情報は不明。だが映画の結末を考えると、リドラー/エドワード・ナッシュトンの再登場は十分にあり得るだろう。しかも演じるダノは、リドラーのスピンオフコミック「リドラー:イヤーワン(原題:Riddler: Year One)」でストーリーを担当していることもあり、多くのファンが再登場を願うキャラクター・キャストではないだろうか。

『ザ・バットマン』ユニバースに深く関与しているダノはこの度、米IGNのインタビューで続編に復帰したいと意気込みを語っている。

「この映画とゴッサム、バットマンの全てが大好きだし、コミック(「リドラー:イヤーワン」)を執筆するために1年を費やしてきました。だから、もしスタジオが連絡してきたら駆け付けますよ。バリーのような優れた俳優と一緒に出演できたら楽しいでしょうね。」

ダノが言及した“バリー”とは、映画のラストに登場したジョーカー役のバリー・コーガンのこと。リドラー&ジョーカーが一緒に登場するシーンは一瞬だったものの、そのインパクトはモンスター級だった。続編の製作が決定したとなれば、どんなDC&アメコミファンでも、両キャラクターのカムバック&再共演を望むのではないだろうか。

なお、『ザ・バットマン』ユニバースは次々に拡大中。続編映画と「リドラー:イヤーワン」の他に、米HBO Maxではコリン・ファレル主演「ザ・ペンギン(仮題)」と、精神病院アーカム・アサイラムを描くシリーズが並行して進行中。『ザ・バットマン』続編に復帰するメンバーや新キャスト、ストーリーなどの新情報に注目しておきたい。

あわせて読みたい

Source:YouTube

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly