Menu
(0)

Search

Netflix版「デアデビル」製作者、ディズニープラス新作に「ほろ苦い」思いを吐露

Marvel デアデビル シーズン3
Nicole Rivelli/Netflix

Netflixで製作・配信されたドラマ「Marvel デアデビル」(2015‐2018)の新シリーズがディズニープラス(Disney+)にて始動したことを受け、Netflix版のシーズン1でショーランナーを務めたスティーヴン・デナイトが少し複雑な思いをSNSで吐露している。

Disney+版の新プロジェクトでは、スパイ・アクションドラマ「コバート・アフェア」(2010-2014)を共に手がけたマット・コーマンとクリス・オードが、脚本と製作総指揮として起用されたことが報じられたばかり。現時点ではキャスティングに関する情報は発表されていないが、Netflix版でデアデビル/マット・マードックを演じたチャーリー・コックスの続投を期待する声が高まりつつある。

大きな盛り上がりを見せるなか、Twitterでファンから新シリーズについて、「こちらに参加しないことに満足していますか?」と質問されたデナイトは、「ほろ苦いですね。だけど僕が望んでいるのは、ファンと一緒に観賞できる素晴らしい『デアデビル』の番組だけです!」と回答。自分の手から離れたドラマシリーズの新たな出発に一抹の寂しさを覚えつつも、どんな作品になるのか楽しみでたまらないという、微妙な気持ちが汲み取れるコメントを発している。

「デアデビル」の新始動に反応したNetflix版の関係者はデナイトだけではない。3シーズンにわたって製作総指揮を務めたエリック・オレソンもまた、Disney+版のニュースに、「デアデビルが生き続けることを知ってワクワクしていますよ!今までで最高のキャストと最高のファンベース!」とツイートしている

「デアデビル」の新プロジェクト発表を受け、Netflixで製作された「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」(2015−2019)、「Marvel ルーク・ケイジ」(2016−2018)、「Marvel アイアン・フィスト」(2017−2018)、「Marvel パニッシャー」(2017−2019)の復活にも期待が寄せられている。

あわせて読みたい

Source:Twitter[1], [2

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly