Menu
(0)

Search

DC『ザ・スーサイド・スクワッド』ジョン・シナ、『ブラック・アダム』ザ・ロックとの対決は「避けられない」 ─ プロレスでの因縁、再燃なるか

Dwayne Johnson ドウェイン・ジョンソン John Cena ジョン・シナ 
Photo by Eva Rinaldi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Dwayne_Johnson_(8557349284).jpg |Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:John_Cena_(42760621725).jpg|Remixed by The River

米ワーナー・ブラザースとDCコミックスが手がけるDCエクステンデッド・ユニバースでは、ある2人の対決が一部ファンの間で話題になっている。映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で初登場を飾るピースメーカーに扮するジョン・シナと、映画『ブラック・アダム』で主人公ブラックアダムを演じるザ・ロックことドウェイン・ジョンソンだ。

なぜこの2人かというと、プロレスラーでもあるシナとドウェインは、リング上では宿敵同士なのだ。米プロレス協会WWE主催のプロレスマッチでは、幾度にわたって激闘を繰り広げてきた。さらに、2人はリング上でも外でも仲が悪いことで有名で、2対2の試合でコンビを組んだ際に仲間割れを起こしたり、ドウェインがシナを皮肉った自作の歌を観客の前で披露したり、まさに犬猿の仲なのだ。

WWE Wrestlemania 28 - The Rock vs John Cen
Photo by Simon https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Rock_vs_John_Cena.jpg

そんな2人が、スクリーン上でも激突したら……?少なくともWWEファンは大盛り上がりだが、当の本人たちはどう考えているのだろうか。『ザ・スーサイド・スクワッド』の封切りを控え、米Comicbookの取材に応じたシナは、ドウェインとの対決について訊かれるや、「僕のことを知っているでしょう。準備もできてるし、戦いたい。可能です」と強い意志をみなぎらせている。

「電話が鳴った時はいつでも、“僕は良いですよ”って答えるでしょうね。僕が思うに、そういった興奮って、ファンの皆さんによって作られるものだと思います。『ワイスピ』にしても、DCユニバースにしても。僕たちがぶつかることになるとは言いたくはないですが、避けられないでしょう。僕も見たいですよ。ファンですから。まあ、様子見ですね。彼が何か言っていたら教えて下さい。」

発言の中で、シナが『ワイスピ』、つまり『ワイルド・スピード』について言及したのは、ドウェインとシナは共に『ワイルド・スピード』シリーズにも出演しているため。ドウェインは、ルーク・ホブス役として第5作『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)より登場し、一方のシナは最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に主人公ドムの弟ジェイコブ役として出演している。もっとも、現在製作中のシリーズ第10&11作には、ドウェインが復帰を否定するコメントを出しており、シナの再演も不明であるため、可能性としてはDCユニバースでの対決の方が高いかもしれない。

ロックとシナの共演が実際に叶うかどうかは、現時点では未知数。原作コミックでは、ピースメーカーとブラックアダムは交わらないようだから、実現させるならDCユニバースにおけるオリジナルストーリーを作り出す必要がありそうだ。神から授かった力を持つブラックアダムと、鋼鉄のヘルメットを被り銃を駆使するピースメーカー。果たして、勝つのはどっちだ……。

あわせて読みたい

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly