Menu
(0)

Search

ワーナーがDC映画に「改善の余地あり」と発言。明るい作風へ転換、ザック・スナイダーの今後は?

「DCエクステンデッド・ユニバース」作品を配給しているワーナー・ブラザース社は、現在総合メディア企業であるタイム・ワーナー社の傘下にある。しかし同社の最高幹部は、DC映画に対して思うところがあるようだ。

先日タイム・ワーナー社のCEO(最高経営責任者)であるジェフ・ビュークス氏が「DC映画には改善の余地がある」と発言した。これは『バットマン vs スーパーマン』や『スーサイド・スクワッド』の厳しい評価を受けてのものだ。


DC映画の失敗と功績

投資家とのカンファレンスに出席したビュークス氏は、Q&Aコーナーで、DC作品に対する批評家やファンの反応に言及。映画には「少々改善の余地がある」と述べ、「DCコミックスのキャラクターはこれまでの映画より少し明るくなる。その方法を検討中だ」とコメントした。

『バットマン vs スーパーマン』の酷評を受け、ワーナーはDCコミックスの幹部であるジェフ・ジョンズ氏を映画版に招いている。ジョンズ氏はDC作品が「希望に満ちた前向きな世界観」だと明言しており、実際に映画『ジャスティス・リーグ』は脚本のリライトが行われた。ビュークス氏の発言と合わせて考えれば、すでに「明るいDC映画」への路線変更は本格始動しているとみてよいだろう。

もっともビュークス氏はDC映画の功績をアピールすることも忘れていない。「作品はもう少し良くできる」としたものの、「戦略はうまくいっている。やりたかったことは達成できた」「計画は順調、むしろ想像以上だ」と述べているのだ。

この背景には、『バットマン vs スーパーマン』と『スーサイド・スクワッド』の世界的大ヒットがある。ビュークス氏は「肝心なのはDCブランドをファン層ごと復活させることだった」と発言。『バットマン vs スーパーマン』のワンダーウーマンにファンが好反応を示したことを強調したほか、「ベン・アフレックでバットマンをリブートしたことは大成功」とも話した。

大丈夫?ザック・スナイダー

しかしビュークス氏の発言からは、DCエクステンデッド・ユニバースの重要人物であるザック・スナイダーの役割が危うくなるとも考えられるだろう。『ワンダーウーマン』には新たにパティ・ジェンキンス監督が登板し、単独映画『バットマン』はベン・アフレック自身が監督も務める。ザックは『ジャスティス・リーグ』2部作を監督するが、「明るいDC映画」への路線変更がザックの作風に一致するかは微妙なところだ。

バットマンを演出するザック・スナイダー監督 http://www.vulture.com/2016/06/zack-snyder-set-justice-league.html
バットマンを演出するザック・スナイダー監督
http://www.vulture.com/2016/06/zack-snyder-set-justice-league.html

しかしこれまでのDC映画も、ダークな作風そのものは大きな問題ではなかった。『バットマン vs スーパーマン』や『スーサイド・スクワッド』では、主にずさんな脚本や雑な編集に批判が集まったのである。いくら路線変更したところで、そうした問題が解消されなければ問題は再び起きるだろう。

ちなみにビュークス氏は、2020年までのDC映画の公開予定に変更はないと明言している。どんな作品が登場するのか、これからも楽しみながら見守りたい。

source: http://variety.com/2016/biz/news/jeff-bewkes-batman-v-superman-suicide-squad-time-warner-1201866932/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

  1. OP3-C

    DCの失敗はいきなり全員出すから各々のキャラ説明が長くなってしまっているから結果として編集が荒くなる。

    次のワンダーウーマンは単独作品だからその点は解消出来ると思われる。

    しかしその次にひかえるJLはやはり集合作品。

    DCのほうがマーベルより個人的に好きなキャラが多いのでこれからの活躍に期待しています。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly