Menu
(0)

Search

『シャザム!』続編タイトル、原題『Shazam: Fury of the Gods』に決定

シャザム!
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ザッカリー・リーヴァイ主演のDC映画、『シャザム!』(2019)の続編タイトルが『Shazam!: Fury of the Gods』となることがわかった。2020年8月23日(日本時間)、DC史上最大のバーチャルイベント第1弾「DCファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」にて発表された。

イベントのトークセッションには、シャザム役のザッカリー・リーヴァイ、ビリー・バットソン役のアッシャー・エンジェル、フレディ役のジャック・ディラン・グレイザーのほか、ミーガン・グッド、フェイス・ハーマン、アダム・ブロディ、監督のデヴィッド・サンドバーグらが登壇。約10分間のトークの締めくくりに、タイトルがサプライズ発表されたのだ。

タイトルとなった「Fury of the Gods」とは「神々の怒り」という意味。神々といえば、もともとビリーは「シャザム(SHAZAM)」という、「S」=ソロモン、「H」=ヘラクレス、「A」=アトラス、「Z」=ゼウス、「A」=アキレス、「M」=マーキュリーからなる“神々にゆかりのある呪文”を唱えて変身するキャラクターだ。怒れる神々とは彼らのことか、それとも?

続編には『シャザム!』のメインキャストが復帰する見込みのほか、サンドバーグ監督や脚本家のヘンリー・ゲイデン、プロデューサーのピーター・サフランも続投する。かねてより脚本作業は進められており、ザッカリーは「前作超え」の意気込みを示していた

映画『Shazam!: Fury of the Gods(原題)』は2022年11月4日に米国公開予定。

なお「DCファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」は2020年8月23日(日)2:00~26:00に開催。第2弾「DCファンドーム:ディスカバー・マルチバース」は9月13日(日)2:00~26:00に開催される(※どちらも日本時間)。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly