Menu
(0)

Search

ディズニーのフォックス買収、業界人はどう見た?ライアン・レイノルズ、ジェームズ・ガン、『デッドプール』『キングスマン』原作者ほか

[Left] James Gunn Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28557194032/ ) [Right] Ryan Reynolds Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19569352488/ ) Remixed by THE RIVER

米ウォルト・ディズニー・カンパニーによる21世紀フォックス社の事業買収は、全世界に大きな衝撃を与えている。2017年11月に第一報が伝えられてはいたものの、まさか現実の出来事になろうとは、最初の時点でどれだけの人が想像していただろうか……。

この動きに敏感に反応していたのが、映画『デッドプール』(2016)で主演・製作を兼任したライアン・レイノルズだ。“過激なヒーロー映画”路線を開拓した人物として、ディズニー傘下に収まるかもしれないという複雑な思いがあったのだろうか。
2017年12月14日の公式発表に次いで、映画・コミック業界の重要人物たちが、次々に買収報道へのコメントを発表している。

ディズニー/フォックス、両陣営のクリエイターが反応

ディズニーによるフォックス買収交渉の第一報、そして交渉再開の報道の際に彼らしい……いや、“俺ちゃん”ことデッドプールらしいユーモアを示してみせたのがライアン・レイノルズだ。このたびの正式発表に対しては、シンデレラ城を背景に連行されるデッドプールの画像を添付してコメントしている。

「どうやら、マッターホーン(・ボブスレー ※編注:ディズニーランドのアトラクション)を吹っ飛ばすことはできないらしい。」

この“20世紀フォックス側”であるライアンのツイートに反応したのが、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ(2014, 2017)を手がけた“ディズニー側”の映画監督ジェームズ・ガンだ。

「この写真を投稿するために用意してたところが大好き。こいつ、準備してたぞ。」

もちろん、大のマーベル・ファンで知られているジェームズ監督も、このたびの公式発表ではTwitterにて感想を記している。ライアンと違うのは、とにかく彼が喜んでいるらしいところだ。

「ディズニーによる21世紀フォックスの事業買収にはいろんな面があるけれど、僕は個人的に、ある理由からとてもうれしいです。おかえりなさい、古い友人たち。」

ちなみにジェームズ監督は、筋金入りのファンらしい投稿でさっそく映画ファンを煙に巻いてもいる。「僕のオフィスの隣に近づいてるのを見たよ」というコメントとともに添付されているのは、コミック「X-MEN」に登場する正体不明の生物ドゥープの画像だ。

キングスマン』『デッドプール』原作者の反応

一方、映画業界に完全に身を置いていないからだろうか、コミック関係者の反応はやけに冷静なものだったりもする。

20世紀フォックスが製作した映画『キングスマン』(2014)の原作者マーク・ミラーは、「ディズニーにとっては有益。フォックスにとっては、尋常じゃない官僚政治が創作に入り込んできて有害」とツイート。さらに「プロジェクトに対して努力するスタジオが減るのは才能にとっても有害。この件の良い部分が見つからない。『デッドプール』みたいな見事なギャンブルはディズニーにはありえない」と断じたのだ。

マーク氏の連続ツイートはこれだけにとどまらず、「フォックスでX-MEN/ウルヴァリンの打率はすごく高い。9本中6本がいい出来だ。ただし、今では使い尽くされて再充電が必要。ディズニーは新鮮なスタートを切る助けになるだろう」と記してみたり、やがて全キャラクターが合流することになりそうなマーベル・シネマティック・ユニバースについても「キャラクターが多すぎると主な観客層が入り込めない。マーベルのシンプルさは最高の強み」だと述べて「もし5年前にX-MENとファンタスティック・フォーが手元にあったら、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『アントマン』(2015)は作られたでしょうか?[中略]これ以上ユニークなプロジェクトが失われないことを望みます」主張したのだ。さて、あなたはどう思う……?

一方、ライアン・レイノルズと同じく報道の初期段階から自身のスタンスを明言していたのが、『デッドプール』原作者のロブ・ライフェルド氏だ。今回も米Comicbook.comの取材に対して、こんな皮肉交じりの声明を発表している。

「(ディズニーCEOの)ボブ・アイガーは、こんな空前の歴史的成功を、偶然ディズニーにもたらしたわけではありません。彼はやってのけたんです。彼は文化を理解しているし、より大切なことに、ファンの心配を理解していますよ。
デッドプールの話題は、報道が出てからすぐに高まっていますし、正直言って、どうしてライアン・レイノルズがデッドプールで成功したことにちょっかいをかけるんでしょうね? 会う人みんなが、彼らはライアンのデッドプールを去勢したやつを求めてるんだって真っ先に言いますよ。ですから、アイガーは信頼の基盤を築くことが賢明ですし、個人的にもありがたいですね。それがデッドプール・ファンの心配を軽減しますから。」

そんな中、フォックス製作の長寿アニメ『ザ・シンプソンズ』(1989-)の脚本家であるジェームズ・L・ブルックス氏は、同作のアニメーションを手がけるマット・グレイニング氏のイラストとともにこんなコメントを寄せたのだった。

「シンプソンズは、敬意を込めてミッキーに“ハイ”と言いますよ(彼は私たちよりずいぶん年上なんです)。」

Sources: https://www.newsarama.com/37796-industry-reactions-to-disney-fox-buyout.html
http://deadline.com/2017/12/disney-fox-merger-mark-millar-x-men-twitter-1202227125/
http://comicbook.com/marvel/2017/12/14/rob-liefeld-deadpool-disney-marvel-fox-mcu/
http://variety.com/2017/biz/news/disney-fox-merger-celebrities-react-deadpool-1202641053/
Eyecatch Image: 
[Left] James Gunn Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28557194032/ )
[Right] Ryan Reynolds Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19569352488/ )
Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly