ディズニーの新ストリーミング・サービス、まずは米国のみで開始 ― マーベル原作ドラマはNetflix残留の見通し

米ウォルト・ディズニー・カンパニーは、2019年より開始する自社ストリーミング・サービスの新たな情報を発表した。米Deadline誌が独占で伝えている。

2017年8月、ディズニーは自社独自の映像配信サービスの開始を発表。ディズニー/ピクサーによる映画作品のほか、自社チャンネルのテレビ番組を配信するとして、開始初年には『トイ・ストーリー4(仮題)』や『アナと雪の女王』続編、実写版『ライオン・キング』といった最新作がリビングルームに届けられる予定だ。
またオリジナル作品にも力を入れる方針で、『スター・ウォーズ』のドラマシリーズやマーベル原作のテレビシリーズ、『モンスターズ・インク』『ハイスクール・ミュージカル』のテレビシリーズなどが本サービス限定で配信されるという。

米国から世界へ拡大、R指定作品は扱わず


このたび発表された情報によると、ディズニーは本ストリーミング・サービスを2019年秋に開始する予定。まずはサービスの対象を米国のみに絞り、のちに海外へ拡大するという。日本でのサービス開始はしばらく後になりそうだが、その間オリジナル作品を日本で観ることはできないのか、別のプラットフォームで配信・放送が行われるのか、国内の対応が気になるところだ。

また作品のラインナップは、もちろんディズニー・ブランドを有する作品に集中することになるようだ。R指定作品はディズニーのストリーミング・サービスでは扱わず、米Huluにて配信される予定だという。なお現在の計画では、Netflixが製作・配信している『Marvel デアデビル』『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』などのシリーズはNetflixに残されるそう。基本的にディズニー作品はNetflixから引き揚げられるため、これはあくまで例外的な措置とみられる。

Deadline誌によれば、ディズニーは本サービス限定のオリジナル作品に注力しており、初年度に4~5本のオリジナル映画、4本のテレビシリーズを製作・配信する目標を掲げている。テレビシリーズは10話につき2,500万~3,500万ドルを、なかでも大作シリーズの場合は10話に1億ドルを費やす方針だという。

 

現在、映画のプロジェクトとして進められているのは、『ハンガー・ゲーム』(2012)のビリー・レイが脚本を担当する『ドン・キホーテ(原題:Don Quixote)』や、『X-ミッション』(2015)のエリクソン・コア監督による『トゴ(原題:Togo)』など。
また、すでに製作終盤にあり、配信サービスで公開される作品としては『バッドサンタ2』(2016)などのマーク・ウォーターズ監督による『マジック・キャンプ(原題:Magic Camp)』、『Re:LIFE~リライフ~』(2014)のマーク・ローレンス監督が手がけたアナ・ケンドリック主演作品『ノエル(原題:Noelle)』がある。『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)のトム・マッカーシー監督による新作も準備中とのことだ。

なおテレビシリーズについては、既報の通り『ハイスクール・ミュージカル』『モンスターズ・インク』の新シリーズ、マーベル原作のドラマシリーズ、『スター・ウォーズ』ブランドの作品が予定されているという。

Source: http://deadline.com/2018/02/disney-streaming-service-launch-slate-star-wars-marvel-1202281846/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。