Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』興行収入が6億ドル突破!『アイアンマン』超えて「MCUで最もヒットした1作目」に

映画『ドクター・ストレンジマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に新たな記録を打ち立てた。2016年11月27日付で全世界での興行収入が約6億1,600万ドルに到達し、2008年の『アイアンマン』を超えて、MCU史上「最もヒットした1作目」となったのである。

現時点で『ドクター・ストレンジ』の興行収入は、アメリカ国内で約2億500万ドル、そのほか世界各国で約4億1,100万ドルとなっている。合計で約6億1,600万ドルという数字は、MCUの“シリーズ第1作”としては群を抜く成績だ。これまでトップだった『アイアンマン』は約5億8,500万ドル、つづく『アントマン』は約5億2,000万ドル。その後には『マイティ・ソー』の約4億4,900万ドル、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の約3億7,100万ドル、『インクレディブル・ハルク』の約2億6,300万ドルが続いている。

もちろんこの成績の背景には、長きに渡って作り上げられた「マーベル・シネマティック・ユニバース」というブランドの力もあれば、今をときめくベネディクト・カンバーバッチというスター俳優の存在もあるだろう。その点を鑑みれば、正真正銘“MCUの第1作”でありながら、それから8年間トップの位置にありつづけた『アイアンマン』のバケモノめいた成績には改めて驚かされる。

スコット・デリクソン監督の大躍進

もう一点特筆すべきは、『ドクター・ストレンジ』の大ヒットが、監督を務めたスコット・デリクソンの躍進を示してもいることだ。もともとデリクソン監督は、『ルール2』(2000年)の脚本や『ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ』(2000年)の監督・脚本など、低予算のホラー映画から出発した人物である。オカルト映画と思いきや骨太の法廷劇だった『エミリー・ローズ』(2005年)、キアヌ・リーヴス主演で1951年の映画をリメイクした『地球が静止する日』(2008年)は日本でも大々的に公開されたが、彼の仕事としてはそちらの方がイレギュラーなのだ。

スコット・デリクソン監督(右) http://collider.com/doctor-strange-director-scott-derrickson-interview/
スコット・デリクソン監督(右)
http://collider.com/doctor-strange-director-scott-derrickson-interview/

デリクソン監督が高予算の映画を手がけるのは、『地球が静止する日』以来約8年ぶりだった。しかも『ドクター・ストレンジ』の製作費は『地球が静止する日』の2倍にあたる約1億6,500万ドルである。『ドクター・ストレンジ』の興行的成功、またファンからの高評価は、デリクソン監督のキャリアに大きな影響を与えるに違いない。

『アクアマン』ジェームズ・ワン監督から称賛の声

DCエクステンデッド・ユニバースで『アクアマン』(2018年公開)を監督するジェームズ・ワンは、かつて『ソウ』シリーズや『インシディアス』など、低予算のホラー映画を数多く手がけたクリエイターである。いわば、デリクソン監督と非常によく似た境遇にある人物なのだ。ワンは自身のTwitterでデリクソン監督を称賛している。

「スコット・デリクソンのすばらしい功績に“おめでとう!”。低予算のホラーからスタジオ製作の高予算映画へ、そんな彼のキャリアを僕は尊敬し、見習ってきたんだ」

すでに世界中で大ヒットを収めたことで、『ドクター・ストレンジ』の続編は確実に製作されることだろう。もっとも今後のラインナップを見るかぎり、単独での第2作は長らくお預けになりそうだが……。

とはいえ日本では『ドクター・ストレンジ』自体がお預けを食らっている状況だ。この世界的ヒットに、あとから参戦する日本はどれだけ貢献できるのだろうか?

映画『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日公開。ようやく残り2ヶ月である。

sources: http://deadline.com/2016/11/doctor-strange-crosses-600-million-global-box-office-1201860255/
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=marvel716.htm
Eyecatch Image: http://www.cinematographe.it/95203/news/benedict-cumberbatch-doctor-strange-supereroe.html

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly