Menu
(0)

Search

『デッドプール3』に同居人ブラインド・アルが再登場か ─ ライアン・レイノルズ&ショーン・レヴィ監督が示唆

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

マーベルの人気R指定映画『デッドプール』シリーズ最新作『デッドプール3(仮題)』に、ライアン・レイノルズ演じる主人公ウェイド・ウィルソンのルームメイト、ブラインド・アルが再登場するかもしれない。以下のツイートをご覧いただきたい。

ライアン・レイノルズによる同投稿は、ブラインド・アルを演じたレズリー・アガムズがレイノルズの最新作『アダム&アダム』を称賛するツイートを引用ツイートしたもの。そこで、レイノルズは「ありがとう、レズリー。すぐに会いましょう(Thank you, Leslie.  See you soon)」とお礼を伝えている。

現在、『デッドプール3』は製作の真っ只中にあり、撮影開始時期も近づいてきている。レイノルズの「すぐに会いましょう」という言葉がプライベートでの面会を意味しているとも考えられるが、一方でその待ち合わせ場所が撮影現場である可能性も十分にある。

さらに、『アダム&アダム』を手掛け、『デッドプール3』でもメガホンを取ることになるショーン・レヴィ監督もアガムズの投稿に反応し、感謝を伝えた上で、「お会いするのが待ちきれません」と綴っていた。このコロナ禍もあり、お互いに会う機会は限られているはずだが、3人が近々集まれる時があるとすれば、それはやはり『デッドプール3』になるのだろうか。

ブラインド・アルは、ウェイド/デッドプールの同居人として知られ、前2作で登場。傷心のウェイドを慰めてくれる頼もしいキャラクターで、『デッドプール』シリーズには必要不可欠な存在だ。続く第3作で、シリーズはマーベル・シネマティック・ユニバースへ仲間入りすることになるが、その時はいつもの仲間も一緒であることを願いたい。

Source: Shawn Levy Twitter

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly