Menu
(0)

Search

ジャレッド・レト、『モービウス』続編でスパイダーマン3人と対決したい「怖くなんかない」

モービウス
(C)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

米ソニー・ピクチャーズ製作、『ヴェノム』シリーズに続くマーベルの新たなヴィラン映画『モービウス』が2022年4月1日(金)より日本公開を迎える。主演を務めたジャレッド・レトには早くも続編のアイデアがあるようで、米ポッドキャストにて驚きの展開を語っている。

『モービウス』は、ジャレット・レト演じる天才医師マイケル・モービウスが、ヴァンパイアヒーローへと変貌を遂げていく物語。モービウスに対峙するヴィランをマット・スミスが演じる。

このたび米Phaze Zeroとのインタビューに応じたレトは、早くも続編の可能性について聞かれ、さらには原作コミックで描かれるスパイダーマンとの対決シーンの映像化について意見を求められた。インタビュアーが「どのスパイダーマンがあなたの前に現れると思いますか?」と尋ねると、レトは以下のように語った。

それでは言いましょう。全員ですね。僕は怖くなんかないです。

全員とは言わずもがな、トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドトム・ホランドの3人それぞれが演じてきたスパイダーマンのこと。映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)では3人のスパイダーマンが集結し、何人もの強者ヴィラン相手に共闘を見せた。同作では主に1対1のバトルが繰り広げられていたが、レトは1対3を望んでいるのだろう。

ところでレトは、とりわけトム・ホランド版スパイダーマンとの対決に燃えている模様。「トム・ホランドのスパイダーマンとモービウスがこのユニバースで新章を築くのがしっくりくるかもしれないですね」と語っているのだ。また、「この2人を対決させたいです」とレトは続けているが、これは別のインタビューでも語っていたこと。実現可能性は未知数だが、少なくとも役者はやる気十分だ。

ちなみに、レトはこのほかにもロバート・ダウニー・Jr.が演じたアイアンマンとのクロスオーバーも希望していた。アイデアは尽きないようだが、続編にゴーサインが出るにはまず、第1作の高パフォーマンスが必須となるだろう。

『モービウス』は2022年4月1日に日本公開。

Source: Phaze Zero

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly