Menu
(0)

Search

【翻訳あり】ドクター・ストレンジが『シビル・ウォー』のアベンジャーズを診察する映像が話題に

11月4日の全米公開を前に、映画『ドクター・ストレンジ』の“マーベルならでは”のプロモーション映像が公開された。マーベル・シネマティック・ユニバースの前作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で過酷な戦いを繰り広げたアベンジャーズ・メンバーたちの症状を、天才医師ドクター・ストレンジが診察するのだ!

1

アベンジャーズがケガしたら……

2

ドクター・ストレンジが治すぞ!

(まず映像を観たい方はこちらから)

ケース1:クロスボーンズ手下の場合

3

4

キャプテン・アメリカのぶん投げた盾が、残念ながら顔面にクリーンヒットしてしまった。

5

6

ストレンジ「ヴィブラニウムによる外傷で、身体への衝撃がある。永久に聴覚と立場を失うだろうな」

7

「じゃあ次」

ケース2:バッキー・バーンズの場合①

8

ブラック・パンサーの攻撃を紙一重でかわし損ねたバッキー。

9

ストレンジ「引っかき傷だな(笑)。その、うん、軟膏薬とバンドエイドを使うんだ。でも狂犬病の予防はしてもいいかも」

10

「はい次」

ケース3:バッキー・バーンズの場合②

11

アイアンマンに挑みかかり、バッキーは左腕を失ってしまう。

12

13

ストレンジ「僕は医者だぞ。メカニックじゃない(笑)。ハッハッハ」

14

ストレンジ「でもヒドいな。とってもヒドい」

ケース4:トニー・スタークの場合

15

スティーブ「すまないトニー。彼は友達なんだ」

16

トニー「僕もそうだった」
(友情メーターが低下)

17

ストレンジ「ああ、彼は深く傷ついてるな。残念ながらこればかりは治療できないよ……」

18

ストレンジ「でも気晴らしが薬になるんじゃない?たとえば現実を忘れさせてくれるような新しい映画を観るのさ。ブッ飛んだ映像と豪華キャスト、それから不可能を可能にするヒーローが出てくるんだ。ただの提案だよ」

19

映画『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日公開

source: http://comicbook.com/2016/10/25/doctor-stranges-benedict-cumberbatch-diagnoses-avengers-injuries/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly