Menu
(0)

Search

『IT/イット』絶賛のアンディ・ムスキエティ監督『吸血鬼ドラキュラ』の前日譚に挑む!未刊行小説を映像化へ

パラマウント・ピクチャーズ社が、かの有名な吸血鬼“ドラキュラ”の再映像化に挑むことがわかった。しかし今回は、いわゆる従来の「ドラキュラ映画」とは少々訳が違う。なにせ1897年に刊行されたバイブル、ブラム・ストーカーによる小説『吸血鬼ドラキュラ』の正統な前日譚として製作される作品になるからだ。

Deadlineによると、この映画『ドラクル(原題:Dracul)』で監督を務めるのは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017年11月3日公開)が早くも絶賛されている俊英アンディ・ムスキエティだという。

未刊行の小説を映画化へ

このたびパラマウント・ピクチャーズが映像化権を取得したのは、作家デイカー・ストーカー&J.D.バーカーによる未刊行の小説作品。タイトルは未定だが、1897年にブラム・ストーカーが著した『吸血鬼ドラキュラ』の前日譚として公式に認められる初めての作品になるという。デイカーはブラムと血縁関係にあり、長年にわたってドラキュラに関する研究や創作を続けていた。
物語の舞台は1868年で、なんと主人公は21歳のブラム・ストーカー。古い塔に閉ざされたブラムが邪悪なる魔物と遭遇し、ドラキュラの起源へたどり着いていくストーリーになるようだ。

Deadlineによると、映画『ドラクル』にはアンディ・ムスキエティ監督のほか、『IT/イット』でタッグを組んだバーバラ・ムスキエティとロイ・リーも参加する模様。原作小説が刊行されていない以上、映画化にはまだしばらく時間を要することになりそうだ。ただしアンディ監督は『IT/イット』のパート2製作に集中するともいわれているため、スケジュール的には適切な進行になるのかもしれない。

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は2017年11月3日より全国ロードショー
ホラー映画から再び現れた驚くべき才能を、今後のジャンル映画を占うためにも必ずチェックしておこう。

Sources: http://deadline.com/2017/09/dracul-vampire-prequel-andy-muschietti-paramount-pictures-bram-stoker-1202161522/
http://variety.com/2017/film/news/dracula-prequel-development-paramount-it-director-andy-muschietti-1202548286/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly