Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ/MoM』にパトリック・スチュワートのプロフェッサーXらしき姿があると話題に

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
(c) Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスに、旧20世紀フォックス『X-MEN』シリーズに登場したパトリック・スチュワートプロフェッサーX/チャールズ・エグゼビアが登場するのではないかと、ファンは色めきだっている。公開されたばかりの予告編映像に、プロフェッサーXを示唆するような場面があるのだ。

『マルチバース・オブ・マッドネス』は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に続き、異世界への扉が開く「マルチーバース」をその名の通り題材とした作品。『ノー・ウェイ・ホーム』ではマルチバースによって別シリーズのキャラクターとの夢の共演が実現しており、作品そのものがマルチバースの概念を体現するような仕組みとなっていた。

それに連なる『マルチバース・オブ・マッドネス』だから、また新たに別シリーズとの融合が見られてもおかしくないし、むしろ期待してしまうのがファンの性だろう。そこで今回「登場説」が唱えられているのが、『X-MEN』のプロフェッサーXだ。

パトリック・スチュワート
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9360375657/

プロフェッサーXといえばミュータント・チーム『X-MEN』の創設者にしてリーダー的存在であり、映画ではパトリック・スチュワートが老年期を、その後のシリーズではジェームズ・マカヴォイが若年期を演じた。

そのプロフェッサーXらしき存在を、『マルチバース・オブ・マッドネス』の予告編で確認することができる。映像の1:18、「真実を教えよう」という声に注意してみよう。叡智や円熟が感じられるようなこの声、パトリック・スチュワートの肉声のように聞こえないだろうか。さらにその直後、やや畏怖するような面持ちでストレンジが見上げる手前に何者かの後ろ姿が映る。見切れた頭部が肌色がかって見えるが、これはプロフェッサーXのスキンヘッドではないか?影のみがスッと動く様も、車椅子を前に漕ぎ出したものと考えれば合点がいく。

マーベルの原作コミックの有名シリーズである一作『ハウス・オブ・M』では、ワンダが暴走してしまったことにより現実改変が発生、プロフェッサーXが中心となってこれに対処していく物語が描かれている。『マルチバース・オブ・マッドネス』は、「ワンダヴィジョン」を経てアンバランスな存在となったワンダが物語の鍵を握るようであり、映像でもワンダが悪役になってしまうような描写がある。であれば、プロフェッサーXが登場してワンダに接触してゆくのは原作コミックに根差した構図となるだろう。

そもそも時間軸の分岐である「マルチバース」は『X-MEN』シリーズでも既に描かれていたこと。プロフェッサーXがMCUに出現して、マルチバースの驚異をストレンジに伝える、という展開はありえるかもしれない。

プロフェッサーXが『マルチバース・オブ・マッドネス』に登場するのなら、それはMCUと『X-MEN』の(今度こそ本当の)クロスオーバーということになる。『X-MEN』キャラクターといえば「ワンダヴィジョン」にエヴァン・ピーターズが演じるクイックシルバーらしき男が登場したが、これは実質的に別人という設定であり、ファンは肩透かしを食らっていた。ところが『ノー・ウェイ・ホーム』で本格的なマルチバースを目の当たりにした今なら、機が熟したと見てもおかしくない。かねてよりマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がほのめかしていた、『X-MEN』との本格クロスオーバーがついに見られるかもしれないのだ。

もちろん、これらは現時点で単なる推察である。予告編で「真実を教えよう」と発したキャラクターも、実は全くの別人だったということも高い確率であり得るだろう。ただし、2020年初めに聞こえたこのニュースを振り返ると、やはり勝手な期待が高められてしまうものである。パトリック・スチュワートとケヴィン・ファイギが面会し、「いろんな作戦や提案」の「ずいぶん長い話し合い」をしたというのだ。

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日 (祝・水)映画館にて公開。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly