Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ワンダヴィジョン」キャスティングの罠、監督が解説 ─ 「『アイアンマン3』のマンダリンが大好きで」

ワンダヴィジョン
© 2021 Marvel

「すべてが見かけ通りとは限らない」マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズワンダヴィジョンのキャッチコピーが示唆する出来事は、ワンダ・マキシモフやヴィジョンのみならず、作品を追いかけるファンにも降りかかることになった。その“見かけ”で観る者を翻弄したキャスティングの罠を、監督のマット・シャクマンが自ら解説している。

この記事には、ドラマ「ワンダヴィジョン」の極めて重大なネタバレが含まれています。まだ本編をご覧になっていない方は、必ずご視聴後にお楽しみください。
なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly