Menu
(0)

Search

この『ドクター・ストレンジ』洗剤CMがスゴい ─ ライミ版『スパイダーマン2』や「ホークアイ」ネタが仕込まれてCMでもユニバース構造化

https://youtu.be/9EJ6i7s7aB4

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスが、アメリカの有名な洗剤「Tide」とタイアップしたCM映像が米公開された。

ウォン(ベネディクト・ウォン)がストレンジの留守中に魔法のマントを汚してしまい、これを洗濯するために奮闘する……というコメディなのだが、そこには様々な小ネタが仕込まれている。タイアップCMですら解説したくなってしまうマーベル・スタジオの遊び心、恐るべし……、ということで、このCMに隠されたポイントをご紹介しよう。

CMでは、サンドウィッチ片手に書物を読むウォンを、ストレンジの魔法のマントが覗き込んでいる。ウォンが肩をぶつけた弾みで、サンドウィッチの具がマントにビチャリ。「ストレンジが戻ってくる前に洗濯しなきゃ」とウォンは魔法のポータルを開いて「Tide」の置かれた洗濯場に向かおうとするが、どうやらお洗濯が嫌いらしいマントは逃げ出してしまう(猫がお風呂を嫌うようなものである)。

ちなみにここでマントが洗濯を嫌がったということは、ストレンジたちは以前にもマントを洗濯機で回したことがあったということだ。

街に飛び出したマントはあちこちで汚れを浴びながら飛び回る。そこで飛び込む「JOE’S PIZZA PARLOR」というピザのフードトラック、これはライミ版『スパイダーマン2』(2004)からのネタだ。

この「JOE’S PIZZA」、『スパイダーマン2』の冒頭で描かれるピーター・パーカー(トビー・マグワイア)のバイト先と同名である。同店は「29分以内に届かなければピザ代無料」を掲げる、スピード配達が売りの店。スパイダーマンとの二重生活で遅刻続きだったピーターはすっかり店からの信頼を失っており、ある日「7分半で届けないとクビ」という無茶を言い渡される。

カブに乗って大急ぎで走るピーターだが、どうやら間に合いそうにない。そこでピーターは最終手段、スパイダーマンに変身してスウィング配達。途中でトラックに轢かれそうになっていた少年少女を助けたり、勝手にピザを食べようとする男からピザを奪い返したりと何やかんやありながら、配達先(の掃除道具入れ)に何とか到着。ところが時間は7分半を過ぎており、客からピザ代を回収できなかった。この「最後のチャンス」を逃してしまったことで、ピーターは「JOE’S PIZZA」をクビになってしまう。

「ライミ・バース」の「JOE’S PIZZA」はニューヨークの一角に実店舗を構えていたが(ピーターのヘルメットに貼られたシールには、マンハッタンのブリーカー・ストリート 233番地と書かれている)、MCU世界ではフードトラックを運営しているようだ。オーダーしてその場で受け取る形式なので、29分以内に配達しなければいけないというプレッシャーもないだろう。

「もしかして、ストレンジのマントはマルチバースを抜けてライミ・バースに入り込んだのでは?」と考えた方もいるかもしれないが、それはなさそうだ。映像ではマントがポータルを通じてマルチバースに入るような描写がないほか、もう一つ見逃してはならない重大なヒントがある。「JOE’S PIZZA」トラックの左奥を見ると、ミュージカル「ロジャース」の看板が見えるのだ。

「ロジャース」とは、ドラマ「ホークアイ」(2021)に登場した、アベンジャーズをテーマにした架空のミュージカル。このミュージカルの看板は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)にも登場している。このことからも、本CMはMCU内であることがわかるはず。「ロジャース」がよほどロングランヒットしていない限り、このCMは同2作と大体同じ時間軸設定ということもわかるだろう。

ちなみにライミ版店舗の電話番号は(212)366-1182で、このCM版は(322)238-1244と別の番号であることからも、2店は別々であることが推測できる。

このCMでは、最後にもう一つ小ネタがある。粉まみれになったマントはようやく観念して洗濯場にやってくる。ウォンが従来の液体タイプの洗剤を使おうとしたところ、マントが嫌がる反応を見せる。これを受けてウォンは「オーケイ、大丈夫だよ」と言い、ポータルの先からポッド(いわゆるジェルボール)タイプの洗剤を入手。「(洗濯時間を)短くしたいなら、『Tide Pods』に切り替えましょう」とナレーションが入ることで、長時間の洗濯を嫌がるマントでもポッドなら短く済みますよ、というオチなのだが……。

実はここでウォンが『Tide Pods』を取るために腕を伸ばした先は、『ブラック・ウィドウ』でレッド・ガーディアン/アレクセイ役を演じたデヴィッド・ハーバーの自宅(?)である。先に公開されていた同商品の別CM映像では、ハーバーが汚れたシャツを洗うために『Tide Pods』を使おうとしたところ、ポータルから現れた腕がボトルごと持ち去ってしまうという事件があった。どうやらその犯人はウォンだったということだ。

さすがマーベル、商品タイアップCMであってもユニバース構造を忘れていない!ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、5月4日(水・祝日)に日本公開。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly