Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』続編、再撮影終了か ─ エリザベス・オルセンが歓喜の表情、「もうストレンジじゃない!」とスタッフ

karen Bartek Instagram
https://www.instagram.com/p/CTk1MePB886/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『ドクター・ストレンジ』(2016)の続編映画、ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』では、直近まで再撮影・追加撮影が行われていたようだ。このたび、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセンのヘアスタイリストを担当しているカレン・バーテックが、Instagramで「撮影終了」と投稿している。

『ドクター・ストレンジ』続編の撮影は、2022年3月の米公開を目指して2020年11月に開始。一時はコロナ禍の影響による撮影中断も経たが、2021年4月には主要撮影が終了間近であることが明かされていた。明確なクランクアップ時期は定かでなかったが、現在はポスト・プロダクション(撮影後作業)にあると思われる。

2021年9月9日(現地時間)、ヘアスタイリストのカレンはInstagramで「もう“ストレンジ”じゃない!」と喜びを見せた。カレンは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)以降のMCU作品に参加しており、写真に写るエリザベス・オルセンとは「ワンダヴィジョン」(2021)でも仕事を共にしている。「再度、撮影終了です」と綴っているため、オルセンは再撮影、追加撮影に参加していたのだろう。3人とも嬉しそうだ。

この投稿をInstagramで見る

Karen Bartek(@kikibartek)がシェアした投稿

『ドクター・ストレンジ』続編は「ワンダヴィジョン」から直結する物語になると言われており、ワンダ役のオルセンは重要な役割を担うことになる。『ドクター・ストレンジ』だけでトータル約10ヶ月の撮影に挑んだことになるオルセン。公開前のプロモーションまでゆっくり身体を休めてほしい。

出演者には主演のベネディクト・カンバーバッチをはじめ、前作からバロン・モルド役のキウェテル・イジョフォー、ウォン役のベネディクト・ウォン、クリスティーン・パーマー役のレイチェル・マクアダムスが続投。監督は鬼才サム・ライミが務め、脚本は「ロキ」(2021)のマイケル・ウォルドロン、音楽はトビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズのダニー・エルフマンが担当した。前作監督のスコット・デリクソンは製作総指揮に名を連ねている。

映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』は2022年3月25日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly