『クロコダイル・ダンディー』続編、架空の映画だった ─ オーストラリア観光PR企画だったことが判明

1980年代のオーストラリアが生んだ伝説のコメディ映画『クロコダイル・ダンディー』の続編とされる『ダンディー:ザ・サン・オブ・ア・レジェンド・リターンズ・ホーム(原題:Dundee: The Son of a Legend Returns Home)』が、映画として実在しないCM企画であることが明らかになった。

『ダンディー』は、1986年公開の第一作より三作続いた『クロコダイル・ダンディー』シリーズの最新作とされていた。行方不明になったオリジナル作の主人公ミックを捜索するため、アメリカ都市育ちの息子ブライアンがオーストラリアを冒険するというあらすじで、ブライアン役の主演に『トロピック・サンダー /史上最低の作戦』(2008)など多くのコメディ映画で知られるダニー・マクブライド、共演に『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースを迎えた。製作は前三作を手掛けたリムファイアー・フィルムで、2018年夏の全米公開予定とアナウンスされていた。2018年1月19日、何の事前情報もないままに突然ネット上に公開された予告編映像がバズを起こし、注目を集めていた。

この度明らかになったところによると、『ダンディー』はオーストラリア政府観光局がバズを狙って仕掛けた架空の映画であったようだ。その全編は、CM映像として2018年2月のスーパーボウルで上映されるという。”監督”は、ナイキやアウディ、オールドスパイスのCMを手がけるスティーブ・ロジャーズ氏だ(キャップではない)。

 

『ダンディー』予告編は2018年1月19日に公開され、米People誌が詳細の第一報を伝えていた。伝説の名作『クロコダイル・ダンディー』が帰ってくるとしてネット上で話題をさらうと、続く22日には『アベンジャーズ』で知られる世界的スターのクリス・ヘムズワースの共演を発表、その映像も公開していた。なおクリス・ヘムズワースは、オーストラリア観光大使の肩書も持っている。

Source:https://www.brisbanetimes.com.au/entertainment/crocodile-dundee-to-make-an-unexpected-hollywood-comeback-starring-danny-mcbride-20180122-h0lzhp.html
Eyecatch Image:https://dundeemovie.com/ スクリーンショット

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。