Menu
(0)

Search

『クロコダイル・ダンディー』続編、架空の映画だった ─ オーストラリア観光PR企画だったことが判明

https://dundeemovie.com/ スクリーンショット

1980年代のオーストラリアが生んだ伝説のコメディ映画『クロコダイル・ダンディー』の続編とされる『ダンディー:ザ・サン・オブ・ア・レジェンド・リターンズ・ホーム(原題:Dundee: The Son of a Legend Returns Home)』が、映画として実在しないCM企画であることが明らかになった。

『ダンディー』は、1986年公開の第一作より三作続いた『クロコダイル・ダンディー』シリーズの最新作とされていた。行方不明になったオリジナル作の主人公ミックを捜索するため、アメリカ都市育ちの息子ブライアンがオーストラリアを冒険するというあらすじで、ブライアン役の主演に『トロピック・サンダー /史上最低の作戦』(2008)など多くのコメディ映画で知られるダニー・マクブライド、共演に『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースを迎えた。製作は前三作を手掛けたリムファイアー・フィルムで、2018年夏の全米公開予定とアナウンスされていた。2018年1月19日、何の事前情報もないままに突然ネット上に公開された予告編映像がバズを起こし、注目を集めていた。

この度明らかになったところによると、『ダンディー』はオーストラリア政府観光局がバズを狙って仕掛けた架空の映画であったようだ。その全編は、CM映像として2018年2月のスーパーボウルで上映されるという。”監督”は、ナイキやアウディ、オールドスパイスのCMを手がけるスティーブ・ロジャーズ氏だ(キャップではない)。

『ダンディー』予告編は2018年1月19日に公開され、米People誌が詳細の第一報を伝えていた。伝説の名作『クロコダイル・ダンディー』が帰ってくるとしてネット上で話題をさらうと、続く22日には『アベンジャーズ』で知られる世界的スターのクリス・ヘムズワースの共演を発表、その映像も公開していた。なおクリス・ヘムズワースは、オーストラリア観光大使の肩書も持っている。

Source:https://www.brisbanetimes.com.au/entertainment/crocodile-dundee-to-make-an-unexpected-hollywood-comeback-starring-danny-mcbride-20180122-h0lzhp.html
Eyecatch Image:https://dundeemovie.com/ スクリーンショット

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly