Menu
(0)

Search

2部作構想の『DUNE/デューン』、前編は「最初の半分まで」 ─ 後編、草案は執筆済み

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『メッセージ』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、同名の名作SF小説を現代に蘇らせる映画『DUNE/デューン 砂の惑星』。再映画化で焦点となるのは、不毛の砂漠都市を舞台とした巨編が、いかにして、どこまでの範囲で描かれるのかということ。1984年に公開されたデヴィッド・リンチ版では、原作での物語こそ網羅されていたが、1作に無理やり収められ、細部まで描かれきれていなかった印象だ。

こうした中、2部作構成で企画されているヴィルヌーヴ版『デューン』の前編で描かれる物語が、原作小説の「前半」までであることが判明した。これを証言するのは、脚本を務めるエリック・ロスだ。米Colliderのインタビューに登場したロスは、『デューン』前編で描かれる内容について「(小説の)確実に最初の半分までは」と返答。「いつ書き始めたかは覚えていないので、半分より少し先まで脚色したかもしれないです」と話している。「映画を観ましたけど、ほぼ最初の半分です」。

原作小説の半分というと、砂の惑星アラキスで覇権を握っていたアトレイデス家を、宿敵ハルコンネン家が急襲した後、数少ない生存者の主人公ポールと母親ジェシカが砂漠で彷徨うあたりだろうか。原作ではこの後、ポールらが砂漠の民フレーメンと出会い、訓練を経た後に、復讐劇を見せていく。

また、ロスによれば、後編の草案も執筆済みなのだとか。原作者フランク・ハーバートの遺産管理人に対して「後半部分で何ができるのかを示すためにトリートメント(物語の要約)を書いた」とロスは事情を話す。「願わくば、『デューン』がすごく気に入られて、後編を観たいと思っていただけると良いです」とロス。「ドゥニも素晴らしく描いてくれるでしょう」と自身を滲ませている。

企画こそ2部作で構想されているものの、実際に後編が製作されるかどうかは、ロスの言うように前編のパフォーマンス次第。加えてコロナ禍の影響により、実現可能性にも変化が生じている。2020年12月、配給を担当する米ワーナー・ブラザースは、『デューン』を含めた2021年公開予定の映画17作を劇場&配信で同時リリースする事を前触れもなく発表。これを受けて、ヴィルヌーヴ監督は2部作の企画を「ワーナー・ブラザースが台無しにしてしまったかもしれない」と興行成績への影響を懸念してもいた。この後、「シリーズの可能性を守るため、従来通りの劇場公開を守るという噂」も報じられたが、内情は今も謎に包まれている。

もっとも、2部作でなければ、ヴィルヌーヴ監督による『デューン』は完結しないことになるため、実現を願うばかりだ。

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は、2021年10月1日米公開予定。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly