Menu
(0)

Search

『DUNE/デューン』ティモシー・シャラメが語るジョシュ・ブローリンとのアクション、現場で起きたハプニングとは【会見特集2】

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『メッセージ』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が新たに手がけるスペクタクルSF映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が、2021年10月15日(金)に公開される。これに先がけ、日本の媒体のみが参加を許された、ヴィルヌーヴ監督と主演のティモシー・シャラメによる記者会見が開催された。

『DUNE/デューン』は、ヴィルヌーヴ監督が満を持してのSF超大作。フランク・ハーバートによる同名小説に基づき、名家の後継者として砂の惑星デューンを治めていくことになる少年ポール・アトレイデスの成長譚が描かれる。

2021年8月下旬、THE RIVERはこの会見の模様をテーマ/トピックごとに整理し、計5回の連載をお送りした。このたび、これに続く連載第2弾を実施。第1弾では作品についてだけでなく、監督とティモシーのプライベートな部分もご紹介したが、第2弾では製作の舞台裏や作品のテーマ性など、『DUNE/デューン』に的を絞った内容に迫り、計3回にわたってお届けしていく。

第2回は、主人公ポール役を演じたティモシー・シャラメが語るアクションへの挑戦についてだ。

連載第1回はこちら

「ここまでのことは初めて」、アクションへの挑戦

これまで『君の名前で僕を呼んで』(2017)をはじめ、『レディ・バード』(2017)『ビューティフル・ボーイ』(2018)など、ヒューマン・ドラマへの出演が多かったティモシー。一方で、クリスチャン・ベール主演『荒野の誓い』(2017)では乗馬したり、主演作『キング』(2019)では大胆な剣さばきを見せたり、アクションシーンにも挑戦してきた。そして『DUNE/デューン』でも、『キング』同様に剣を握ることとなった。

ティモシーは、『DUNE/デューン』における役作りにおいて「アクションシーンの準備が一番大変だった」と語る。原作小説では、アトレイデス家の剣士ガーニー・ハレックとの訓練シーンやフレメンとの決闘、ハルコンネン家のライバル、フェイド・ラウサとの一騎打ちがポールによるアクションの名場面として挙げられるが、ティモシーも本作での見せ場に備えて、入念な準備期間を設けたのだという。「撮影に入る4ヶ月前くらいに始めてました」と語るティモシーは、以下のように当時を振り返っている。

「そのくらいの時期にスタントコーディネーターと訓練を始めました。それから、撮影が始まる2ヶ月前に(撮影地の)ブダペストに移動して、そこでも殺陣とかコレオグラフィー(振り付け)の練習をしていました。今作ではトム・ストラダーズというスタントコーディネーターが格闘のシークエンスをデザインしてくださったんです。実はその期間、『フレンチ・ディスパッチ』という映画の撮影にも参加していて、撮影地のフランスのアングレームという街にコーディネーターの方とスタントダブルが毎週わざわざ来てくれたんです。そこでアクションを練習して。なので、外やホテルのワイン貯蔵庫でアクションの訓練をしていたんです。動画もあるんですよ。」

多忙なティモシーではあるが、まさか同じく大作であるウェス・アンダーソン監督の新作映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の撮影に挑みながら『DUNE/デューン』でのアクションの訓練を重ねていたとは驚きだ。ともあれティモシーによれば、同作の撮影中を含め一番時間をかけたアクションはジョシュ・ブローリン演じるガーニーとのワンシーンだったという。おそらくこのシーンは、先述のポールとガーニーの訓練シーンだと思われる。阿吽の呼吸が求められるシーンだが、ティモシーいわく、撮影現場では1つ問題があったのだとか。

「ジョシュ・ブローリンは僕のスタントダブルとアクションを練習して、僕はジョシュのスタントダブルと練習したので、それぞれにリズムというものが出来ていたんです。いざ撮影開始の3〜4日前にジョシュと合流してリハーサルしてみたら、突然彼も僕も違う動きをしてしまったんですよ。これは逆に良いチャレンジになりましたけど。」

こうした困難を乗り越えながら撮影に挑んだティモシー。それまでのキャリアを振り返り、「ここまでのこと(アクション)をしたのは初めてです」と語ってくれた。ちなみに、ティモシーに訓練を施したスタント・コーディネーターは、『007 スカイフォール』(2015)のロジャー・ユアン。『バットマン ビギンズ』(2005)や『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)などでは、スタントマンとして参加している業界のベテランだ。また、先述のトム・ストラダーズも『ダークナイト』3部作や『インセプション』(2009)など、ハリウッドの大作で豊富な経験を積んできた人材なだけあり、本作ではアクション全般に大きな期待がかかる。

第3回は、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が作品を通して伝えたい【若者世代へのメッセージ】をお届けする。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly