Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』世界興収歴代第2位に、わずか11日間で20億ドル突破 ─ 残すライバルは『アバター』のみ

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、2019年5月4日(土曜日、米国時間)に世界興行収入ランキングの歴代第2位となった。2019年4月24日(水曜日)の世界最速公開から、わずか11日間での快挙である。

世界興収20億ドル突破、歴代第2位

Box Office Mojoによると、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は米国興収6億1,969万8,638ドル、海外興収15億6,900万ドルを達成。累計興収は21億8,869万8,638ドルで、直前の予測通り、公開後2度目の週末で20億ドルの超大台を突破した。これは先述の通り、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の20億4,835万ドル、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の20億6,822万ドル、そして『タイタニック』(1997)の21億8,746万ドルを抜いて歴代2位の成績である。

世界興収で『アベンジャーズ/エンドゲーム』の唯一のライバルとなっているのは、『アバター』(2009)の27億8,796万ドル。とはいえ、本作が11日間で突破した20億ドルの壁を、かつて『アバター』は47日間かけて超えている。もはや『アバター』超えすら時間の問題となりつつある今、すでに焦点は“どこまで行けるか”ということにあるだろう。いずれにせよ、映画史が変わる瞬間が刻一刻と近づいていることは間違いない。

アベンジャーズ/エンドゲーム
©Walt Disney Studios / Supplied by LMK / 写真:ゼータ イメージ

本作の海外興収で圧倒的な成績を示しているのは、中国の5億7,500万ドル。米国に肩を並べるほどの数字を示して、史上空前のヒットを強力に後押ししている。『アベンジャーズ/エンドゲーム』は中国で大規模なプロモーションが実施され、公開直前には主要キャストも現地を来訪。米国に次いで世界を牽引する映画市場とあって、今後も中国での広報戦略にはさらなる力が入ることだろう。




中国に次いで優れた成績となっているのは、イギリスの8,990万ドル、韓国の8,210万ドル、メキシコの6,160万ドル、ブラジルの5,630万ドル、インドの5,180万ドル。5月5日(米国時間)午前時点で5,000万ドルを下回っているのは、ドイツ、オーストラリア、フランス、日本、インドネシア、イタリア、フィリピン、スペイン、香港、台湾、タイ(成績順)。日本も3,440万ドルという好成績を記録しているが、米Deadlineによれば、「『エンドゲーム』は日本を除く世界の全市場でNo.1を獲得」という状況だという。詳細は国内での正式な発表を待ちたい。

なお、本作は米国公開後10日間(プレビュー上映含む)で国内興収6億ドルを突破しており、再び史上最短記録を更新(記録保持作品は『フォースの覚醒』の12日間)。前作『インフィニティ・ウォー』が26日間、『ブラックパンサー』(2018)が31日間かかったことを考えれば、10日という記録がいかに桁外れかが理解できるだろう。米国興収の歴代第1位は『フォースの覚醒』の9億3,666万2,225ドルだが、こちらの歴代記録も更新できるか。国内2度目の週末成績は『フォースの覚醒』に敗れて歴代2位となったが、今後の展開はまだ予測できない。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)より全国公開中

ルッソ監督には複雑な胸中も…?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Source: Deadline(1, 2), Variety(1, 2), Box Office Mojo

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly