Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』クラグリンの削除シーンが判明 ─ ショーン・ガンが明かす

ショーン・ガン
Photo by Heroes & Villains https://www.flickr.com/photos/heroesfanfest/35919165906/

マーベル・シネマティック・ユニバース究極の集大成、映画アベンジャーズ/エンドゲームは、3時間という決して短くない上映時間をすさまじい密度で走り抜けていくジェットコースターだ。その中では、残念ながら本編から削除されてしまったキャラクターもいる。エンドロールに名前が登場するにもかかわらず、本編には姿を見せない、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのクラグリンもそのひとりだ。

Screen Rantの取材では、クラグリン役のショーン・ガンが、本作で撮影した、しかし残念ながらカットされてしまったシーンについて明かしている。

この記事には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

削除されたクラグリンの登場シーンとは

このたび明かされた『エンドゲーム』の削除シーンは、映画のクライマックス、2014年のサノス軍がアベンジャーズ本部を襲撃した後の決戦シーンに含まれていた。アベンジャーズのメンバーが6つのインフィニティ・ストーンを集めたことで、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で塵と消えてしまったヒーローは全員戻ってくる。彼らはポータルを通じて、アベンジャーズ本部へと集まってくるのだ。そして、そこには消えていなかったキャラクターたちの姿もある。

ショーンによると、やはりこの場面にはクラグリンも加わっていたとのこと。残念ながら、クラグリンが登場する“空中戦”の場面がカットされたのだ。

「どんなシーンを撮ったかということだけはお話しできます。きちんとした理由があって、最後の戦闘からはいくつもの映像がカットされているんです。物語の観点から、彼らは空中戦を削除したがらなかったんですけどね。筋の通るものでしたから。僕が言えるのは、クラグリンは羽根を着けていて、ヤカの矢を持っていたということ。ヤカは鞘に納まったままでしたけどね。そういうところは、全部が正史だといっていいと思うんです。そのほかのことは、推理するみなさんにお任せしますよ。」

空中戦の存在が「物語の観点から筋が通る」というのは、大量に登場している“空中チーム”の活躍が劇中ではほとんど描かれなかったこと、サノス軍の巨大空母がクライマックスの戦闘にほとんど関わっていなかったことなどが、おそらく空中戦の描写によってフォローされていたということだろう。たとえばヴァルキリーがスパイダーマンを乗せて空を駆ける場面は印象的だっただけに、クラグリンをはじめとするキャラクターの戦闘はしっかりと見てみたかったところだ。

なお脚本家のクリストファー・マルクス&スティーブン・マクフィーリーは、ラストの決戦シーンが本編以上に長くなる予定だったこと、撮影したが削除された場面が多数存在することを明かしている。ジョー・ルッソ監督も、やむなくアクションシーンをカットしたことを認めているのだ。

「もっと見せ場が多かったんですよ。戦闘シーンは過剰になりがちなので、特に必要な要素に絞り込んでいったんです。編集室で作業を始めると、(シーンの)構造を維持できていないと思うことがあります。その時にはよりよい構造や見せ方を探すんですが、(クライマックスでは)成功していない見せ場もいくつかありました。そこに“バトルシーン疲れ”の原因があったんです。」

すなわち、すべては映画全体のペースを鑑みての判断ということだろう。とにかく『エンドゲーム』にクラグリンが登場しなかったことで、『インフィニティ・ウォー』後のクラグリンがどうしていたのかは分からなくなってしまった。それはいずれ語られる物語なのか、それとも今となってはどちらでも良いことなのか。次の出番は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』だと思われるだけに、クラグリンとラヴェジャーズのファンはもう少し辛抱が必要そうだ。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』MovieNEXは発売中

あわせて読みたい

Source: SR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly