Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/エンドゲーム』初期脚本、ブラック・ウィドウに複数の別アイデアあった ─ 冒頭設定からホークアイとのシーンまで

アベンジャーズ/エンドゲーム
©Walt Disney Studios / Supplied by LMK 写真:ゼータ イメージ

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の脚本作業では、あらゆるキャラクターに数多の可能性が検討された。『アイアンマン』(2008)に始まったマーベル・シネマティック・ユニバース22作品の“完結編”にして、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の流れを汲むとあっては、その作業は困難を極めただろう。

『アイアンマン2』(2010)に登場し、アベンジャーズのオリジナルメンバーとして活躍してきたナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウにもいくつもの可能性があった。アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、本編に採用されなかった設定とエピソードをいくつか明かしている。


この記事には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly