Menu
(0)

Search

DCドラマのクロスオーバー「エルスワールド」、アローとフラッシュが入れ替わる? ポスター公開、スーパーマンは黒スーツで登場へ

https://twitter.com/StephenAmell/status/1052227461650337792 スクリーンショット

DCコミックス原作ドラマ「ARROW/アロー」(2013-)、「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)、「SUPERGIRL/スーパーガール」(2015-)、「レジェンド・オブ・トゥモロー」(2016-)は、それぞれ「アローバース」と呼ばれる世界観を共有する作品群だ。2018年12月9~11日(現地時間)、これらの作品群がクロスオーバーするイベント・シリーズの第3弾「エルスワールド(邦題未定、原題:Elseworlds)」が3夜連続で米国にて放送される。

このたび、「ARROW/アロー」で主演を務めるスティーヴン・アメルが本シリーズのポスターを公開。「SUPERGIRL/スーパーガール」でおなじみスーパーマン役のタイラー・ホークリンが黒いスーツを身にまとったメイキング写真も投稿されている。

「エルスワールド」で何が起こるのか

「運命は書き換えられる(DESTINY WILL BE REWRITTEN)」とのキャッチコピーとともにポスターに登場したのは、アロー役のアメルがフラッシュのスーツに身を包み、「THE FLASH/フラッシュ」の主人公バリー・アレン/フラッシュ役を演じるグラント・ガスティンがアローのスーツを着ている姿だ。もしかして私たち…入れ替わってる…?

また本作のポイントは、実写作品に初めてバットウーマンが登場するほか、スーパーマンの恋人ロイス・レインが「アローバース」への初登場を飾り、ついにスーパーマン&ロイス・レインの共演が実現することだ。しかも「エルスワールド」で、なんとスーパーマンは黒いスーツで登場するのである。

「エルスワールド」とは、DCコミックスにおける「もしも」を描く番外編的読み切りシリーズとして存在しているもの。アローとフラッシュの“入れ替わり”も含めて、今回のクロスオーバーでどんな物語が展開するのかは明かされていないが、スーパーマンの黒いスーツ姿を見れば、あるコミックの有名エピソードを思い起こさずにはいられないだろう。1992~1993年に展開された「デス・オブ・スーパーマン」で、ドゥームズデイに殺されたのち、再び甦ったスーパーマンは黒と白のスーツを着用していたのである。

ちなみに「アローバース」とは世界観を共有していないものの、映画『ジャスティス・リーグ』(2017)でも、ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンが黒いスーツをまとって登場する計画が存在した。ヘンリーは実際に黒いスーツを着て撮影に参加したが、残念ながら該当の場面は本編からカットされている。

「アローバース」各シリーズのクロスオーバー・イベント「エルスワールド(邦題未定、原題:Elseworlds)は2018年12月9日~11日に米国で放送予定。なお今回は「レジェンド・オブ・トゥモロー」は参加していない。

Source: Stephen Amell

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly