Menu
(0)

Search

エマ・ワトソン『ハリー・ポッター』後の出演作まとめ ─ 感動ドラマからスリラーまでオススメ7作

エマ・ワトソン
Photo: UN Photo/Mark Garten https://www.flickr.com/photos/unwomen/16348874625/

ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で一躍名を馳せた子役出身の女優エマ・ワトソン。同役を終えてから現在までの約10年間で、数多くの話題作に出演してきた。

11歳の時に映画デビューを飾ったワトソンも現在は30歳。歳を重ねるごとに演じる役の幅も増していきながら、多くの注目作で活躍を見せている。ディズニー実写映画『美女と野獣』(2017)の他にも、『ファンタスティック・ビースト』シリーズで主演を務めるエディ・レッドメインとの共演作の他、ソフィア・コッポラやダーレン・アラノフスキー、そして新時代を切り開くグレタ・ガーウィグなど、錚々たる監督の作品に数多く出演しているのだ。

本記事では、そんなワトソンが『ハリー・ポッター』後に歩んだ活動の軌跡を、ピックアップした7つの出演作で振り返っていきたい。

『マリリン 7日間の恋』(2011)

『ハリー・ポッター』シリーズ卒業後初の出演作。実はワトソン、本作にて『ハリー・ポッター』のスピンオフ映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズで主人公ニュート・スキャマンダー役を演じることになるエディ・レッドメインと共演を果たしている。ハーマイオニーとニュート、夢の共演作というわけだ。

本作は、永遠の映画スター、マリリン・モンローが主演を務めたロマンスコメディ映画『王子と踊子』(1957)の製作の舞台裏を描いた作品。ワトソンは、マリリンに崇拝の眼差しを向ける青年コリン(レッドメイン)に恋をする衣装アシスタントのルーシーを演じた。

『ハリー・ポッター』で長い間ティーン・エイジャーを演じてきたワトソンだが、本作ではその印象をガラリと変えるほど、大人の魅力を放ったキャラクターを好演している。劇中で披露されるレッドメインとの軽やかなダンス・シーンは見どころの1つだ。

上述のキャストほか、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)や『マイティ・ソー』(2011)出演のケネス・ブラナーや『007』シリーズのM役などで知られるジュディ・デンチ、『マンマ・ミーア!』シリーズのドミニク・クーパーなど、豪華な面々が集結した。メガホンを取ったのは、『ダロウェイ夫人』(1997)プロデューサーのサイモン・カーティス。本作が劇場長編映画デビューとなった。

『ウォールフラワー』(2012)

悩みや問題をそれぞれ内に秘めた高校生3人が織りなす青春映画。『ハリー・ポッター』で圧倒的な知名度を誇っていたワトソンと共演したのは、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010)のローガン・ラーマン、『少年は残酷な弓を射る』(2011)エズラ・ミラー。当時注目の若手俳優3人が集結した注目の1作だ。

ミラーは『ファンタスティック・ビースト』シリーズでクリーデンス役を演じているから、こちらもハリー・ポッター作品出演者同士の共演ということになる。

主人公は、友人の自殺により孤独と不安を抱えながら高校生活を迎えることになった16歳の少年チャーリー(ラーマン)。同性愛者の少年パトリック(ミラー)やパトリックの義理の妹サム(ワトソン)との出会いを通じて、他人に心を開き、前に進み始めようとする姿が描かれた。ワトソンが演じたサムは、チャーリーから想いを寄せられる役どころ。本作でのワトソンは、それまでのロングヘアーからイメージを一新するショート・ヘアーが印象的だ。

魔法の世界に生きたハーマイオニーとは違い、ワトソン演じるサムは普通の街で普通に暮らす普通の高校生。無邪気にダンスしたり、パーティーで友だちと楽しく話したりするワトソンの姿は、ある意味新鮮に感じられるかもしれない。

ちなみに本作の撮影中、ワトソンは主演のラーマンと期間限定で音楽バンド「Octopus Jam」を組んでいたという。ワトソンは、「(撮影中の)夜は、座って一緒に楽器を演奏していて、すごく楽しかったです」と英Vogueに語った。

2020年4月には、ラーマンが本作でのワトソンやミラーとの思い出を自身のInstagramにて回顧している。

View this post on Instagram

A post shared by Logan Lerman (@loganlerman) on

原作・脚本・監督は、『ワンダー 君は太陽』(2017)監督や実写映画版『アラジン』(2019)脚本などで知られることになるスティーブン・チョボスキー。共演者には、『トリプルX:再起動』(2017)のニーナ・ドブレフ、『アントマン』シリーズのポール・ラッドらが名を連ねた。

『ブリングリング』(2013)

『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)のソフィア・コッポラ監督が、実際に起きた巨額の窃盗事件を映画化した異色の青春映画。『ハリー・ポッター』シリーズで優等生の印象が強かったワトソンだが、本作では欲望のままに犯罪に手を染めていく若者を演じている。

舞台はハリウッド・セレブたちが数多く暮らす、アメリカ・ロサンゼルス郊外の高級住宅地カラバサス。華やかな生活に憧れを抱く5人の少年少女たちは、セレブたちの豪邸をインターネットで調べて、欲望のままに次々と侵入し、高級品を奪い去っていく。

遊び半分で始めたことだったが、罪を重ねていく内に後戻り出来ないような立場に追い込まれてしまうのだった。ちなみに、実際の事件の被害総額は3億円にものぼり、被害者はパリス・ヒルトン、オーランド・ブルーム、リンジー・ローハンなど、錚々たるハリウッド・セレブたちだ。

出演者にはワトソンのほか、『ハッピー・デス・デイ』シリーズのイズラエル・ブルサール、『オタク・レボリューション』(2017)のケイティ・チャン、『死霊館のシスター』(2018)タイッサ・ファーミガ、『フィリップ、きみを愛してる!』(2009)のレスリー・マンなどが名を連ねている。製作総指揮にはソフィア・コッポラの父にして巨匠監督のフランシス・フォード・コッポラが担当した。

『ノア 約束の舟』(2014)

『ブラック・スワン』(2010)『マザー!』(2017)などで知られる鬼才ダーレン・アロノフスキー監督が、旧約聖書の創世記に記された「ノアの箱舟」伝説を壮大な規模で映画化。ワトソン演じるのは、主人公ノアの養女イラ役だ。

ある夜、ノアは世界滅亡を予言するかのような夢を見る。それが世界を滅ぼす程の大洪水であると知ったノアは、強い使命感に突き動かされて、家族と共に人類・動物を救う為の巨大な箱舟の建造に着手することになった。しかし、箱舟を奪おうとする者たちが家族の前に現れて、壮絶な争いへと発展。そして、戦いの最中、遂に予言の大洪水が始まってしまう。

ノア役を演じたのは『グラディエーター』(2000)『レ・ミゼラブル』(2012)などで知られる名優ラッセル・クロウ。そのほかには、ノアの妻役に『ビューティフル・マインド』(2001)のジェニファー・コネリー、ノアの祖父役に『2人のローマ教皇』(2019)などのアンソニー・ホプキンス、ノアの息子役に『ウォール・フラワー』でもワトソンと共演したローガン・ラーマンなど、錚々たる俳優陣が集結した。

『コロニア』(2015)

1973年、ピノチェト軍事独裁政権下のチリを舞台に、ナチスの残党パウル・シェーファーが支配していた拷問施設「コロニア・ディグニダ」の実態を描いたスリラー映画。

ワトソンは、反体制分子として捕らえられてしまったジャーナリストの恋人ダニエル(ダニエル・ブリュール)を救い出すべく、拷問施設に潜入する客室乗務員レナを演じた。ワトソンは、拷問施設でひどい仕打ちを受けながらも、意志を一貫して持つ屈強で勇敢なレナを熱演。劇中では泥まみれやびしょ濡れになるなど、体当たりの演技を見せている。

レナの恋人ダニエル役を演じたのは、『イングロリアス・バスターズ』(2009)や『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014)ジモ大佐役などで知られるダニエル・ブリュール。ほか、『ジョン・ウィック』(2014)『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)などの名優ミカエル・ニクヴィストや、『インビジブル・シングス 未知なる能力』(2018)ジーン・ワーナー、『ファントム・スレッド』(2017)らが出演している。監督・脚本は、香川照之が出演する『ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜』(2009)などのフローリアン・ガレンベルガーが務めた。

『ザ・サークル』(2017)

名優トム・ハンクスとの豪華共演が実現したスリラー映画。巨大IT企業ザ・サークルに入社した主人公メイ(ワトソン)が直面することになるテクノロジーの恐怖が描かれる。社会問題化する「監視社会」をテーマに、テクノロジーの功罪に問いを投げかけた1作だ。

©2016 EuropaCorp See Change Productions, LLC. All Rights Reserved Photo Credit: EuropaCorp

ワトソン、ハンクスのほか、『スター・ウォーズ』シリーズのジョン・ボイエガや、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ジュマンジ』シリーズのカレン・ギランらがキャストに集結。ほか、『タイタニック』(1997)ビル・パクストンや『Mr.&Mrs. スパイ』(2016)のパットン・オズワルトも名を連ねている。製作は『羊たちの沈黙』(1991)や『マンマ・ミーア!』シリーズのゲイリー・ゴーツマンが務めた。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)

ルイーザ・メイ・オルコットの名作文学『若草物語』(1868、新潮文庫ほか)を『レディ・バード』(2017)などで知られるグレタ・ガーウィグが再び世に放った1作。ワトソンは、19世紀ボストンを舞台とする本作で、マーチ家四姉妹の長女メグを演じた。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
©2019 Columbia Pictures Industries, Inc., Monarchy Enterprises S.a r.l. and Regency Entertainment (USA), Inc. All Rights Reserved.

小説家を目指す意固地な次女ジョー、ピアノが得意な三女ベス、画家の道に進む四女エイミーという個性溢れる妹たち。少し控えめな性格のメグは、女優としての才能を秘めながらも幸せな結婚を望んでいた。ワトソンは、結婚前後で変化していくメグの内面を美しく表現している。ローリー演じるティモシー・シャラメとの軽快なダンス・ステップにも注目してほしい。

主人公ジョー役は『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、ローリー役は『君の名前で僕を呼んで』(2017)のティモシー・シャラメ。長女メグ役は『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、三女ベス役は「シャープ・オブジェクツ」のエリザ・スカンレン、そして末っ子エイミー役を『ミッドサマー』『ブラック・ウィドウ』のフローレンス・ピューが演じる。さらに母親役をローラ・ダーン、マーチ叔母役をメリル・ストリープという2人の名女優が務めた。監督のガーウィグは脚本を兼任している。

Source: Vogue

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly