Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は誰も予想できない結末に ─ ルッソ監督、意味深な示唆残す

アベンジャーズ/エンドゲーム
MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)は、あまりにも衝撃的な幕切れで世界中の観客を唖然とさせた。SNSにはファンによる阿鼻叫喚の声があふれ、マーベル・スタジオはファンの傷を癒すためのカウンセリング・イベントを実施したほどである。

あれから約1年、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の劇場公開が近づく中、ある不安が脳裏をよぎっている方もいるはずだ。「『インフィニティ・ウォー』と同じくらい衝撃的な結末だったらどうしよう」と。米Fandangoは、アンソニー・ルッソ監督(ジョー・ルッソ監督と共同)に疑問の真相を直撃。その返事は非常に興味深いものだった、さらに不安になることを除いては

「誰も予想できない」結末へ

インタビュアーは『エンドゲーム』のラストについて、「ふたたび忘れられない経験に備えておくべきでしょうか、セラピストを待機させるべきですか」と問いかけている。アンソニー監督は質問に直接答えることなく、意味深な回答をよこしてみせた。

僕たちのマーベル作品は、すべて、観客や登場人物、ストーリーを誰も予想できない場所へ導くことを重要視してきました。スリリングでエキサイティング、そして挑戦的なものにする、ということです。」

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。アンソニー監督は、これまでジョー監督と手がけてきた過去の3作品には、とある共通点があるのだと指摘する。

どの作品も、キャラクターやMCUに大きな変化を与えて終わっているんです。『ウィンター・ソルジャー』ではS.H.I.E.L.D.が腐敗し、崩壊していることが明かされる。『シビル・ウォー』ではアベンジャーズが分裂し、トニーとスティーブの関係が壊れてしまう。そして『インフィニティ・ウォー』では宇宙の半分が滅びるんです。」

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(c)2018 MARVEL




監督は「結末で重大な事件が起きることは、素晴らしい物語、忘れられない物語を作るために大切だと考えています」という。ルッソ兄弟が目指しているのは、「重層的かつ複雑な物語」。笑えて、泣けて、深く考えることができて、興奮できて、そして怖い。あらゆる感情に訴えかけるストーリーを作りたいというのだ。むろん、それは『エンドゲーム』も同じだという。

「この映画には、観客を興奮させ、感動させるところもあれば、みなさんに挑戦するようなところもあります。」

とにかく観客を驚かせることを大切にしているルッソ監督は、予告編の情報をなるべく抑えつつ、しばしば本編には存在しないフェイクの情報をプロモーションに取り入れることでも知られている。「作品について説明するのが難しいんです」というアンソニー監督は、今回のインタビューでも本編に関連する質問にはほとんど答えていない。『エンドゲーム』に影響を与えた過去の映画についても「これまではお教えしてきましたが、今回は現時点ではお答えできません」と述べているほどなのだ……。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

弟ジョー監督の語る『エンドゲーム』作風とテーマ

Source: Fandango

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly