Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』音楽作業が進行中 ─ ジョン・ウィリアムズ、本編には非常に好印象

スター・ウォーズ/エピソード9

映画『スター・ウォーズ』新3部作の完結編スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(原題:Star Wars: The Rise of Skywalker)』の音楽作業が、巨匠ジョン・ウィリアムズによって順調に進められているようだ。

『エピソード4/新たなる希望』(1977)に始まったスカイウォーカー・サーガの完結編を手がけるのは、『フォースの覚醒』(2015)のJ・J・エイブラムス監督。英The Timesの取材によれば、ジョンは『スカイウォーカーの夜明け』の初期編集版をすでに観ており、作品の出来栄えには「とても良かったですよ」と表情を輝かせたとのこと。作曲は約1ヶ月間にわたって実施されており、ジョンはすでに約25分の音楽を執筆したという。

かねてより、ジョンは本作をもって『スター・ウォーズ』の音楽を卒業する意向を示してきた。メイン・サーガ全作品の音楽や『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)テーマ曲、また米ディズニーランドのテーマパーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ(Star Wars: Galaxy’s Edge)」にも楽曲を提供するなどしてきたジョンにとっても、本作は確かな集大成となるだろう。

約1ヶ月で25分ぶんを作曲するという仕事ぶりからは、御年87歳(2019年5月16日現在)とは思えないエネルギーがうかがえる。しかし一方で、ジョンは1日あたりの仕事時間をセーブするなど、自身の体調面にも気を配って創作に取り組んでいるということだ。2018年10月には急病のため自身の記念コンサートへの出演をキャンセルし、世界中から心配の声が寄せられていたのである。今回の取材で、ジョンは「30年前より良い曲は書けません。その方がいいのかもしれませんね。30年前よりも知識はあるのでしょうが、体力はなくなってきていますから」とも述べている。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(原題:Star Wars: The Rise of Skywalker)』は2019年12月20日(金)日米同時公開

あわせて読みたい

Sources: The Times, SWNN

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly