Menu
(0)

Search

『エターナルズ』監督、「マーベルはアクションを監督に任せない説」を否定 ─ 自ら絵コンテを執筆、カメラワークにもこだわり

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

『アベンジャーズ』シリーズで知られるマーベル・スタジオは、アクションシーンの製作を監督に任せていない……? 一部でささやかれている噂を、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『エターナルズ』のクロエ・ジャオ監督が否定した。

噂のきっかけとなったのは、2018年、当時『ブラック・ウィドウ』(2021)の監督候補に名前が挙がっていたルクレシア・マルテルが、マーベル側から「アクションの心配は必要ありません、そっちは我々が面倒を見ますから」と言われたと述べたことだった。マルテルは「私はアクションシーンも撮りたい」と言い、同作を降板したと伝えられたのである。

米IndieWireによると、ジャオ監督はこのエピソードに納得しない様子で、「たぶん、そのお話はまったくの真実ではないと思いますし、そう答える作り手は私だけではないでしょうね」と答えたという。なにしろ自分自身が、『エターナルズ』の製作中には「一日に数時間、週に三回は、この現実世界でVFXがどんな効果を生むのかと、細部にわたって大スクリーンの前で考えなければいけなかった」というのである。

ジャオ監督は『ノマドランド』(2020)などで見せた独自の撮影スタイルを本作にも取り込んでおり、「アクションシーンでもカメラが現実的な形で存在する」ことを追求。人が風景の中を歩いている穏やかなシーンにも共通するカメラワークにこだわったという。そのため、監督はアクションを含む全シーンの絵コンテ(ストーリーボード)をまずは自分の手で描いた。その後、「素晴らしいフィルムメーカーとアーティストたちが助けてくれました」とはジャオ自身の談だ。

「マーベルには最初から、“使える道具はあるので、あなた自身の映画を作ってほしい”と言われていました」。製作の初期段階を、ジャオ監督はこのようにも振り返っている。「道具を使ったことがない私を助けるためにいてくださった、という感じ」とも言われているあたり、監督とスタジオが良好な関係性を築いていたことがうかがえる。

アカデミー賞受賞監督による初のMCU映画、アクションシーンはどんな仕上がりとなったのか。MCU史上最大の野心作ともいわれる、映画『エターナルズ』は2021年11月5日(金)全国公開

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly