Menu
(0)

Search

『エターナルズ』キット・ハリントン、役作りで「ゲーム・オブ・スローンズ」ジョン・スノウを意識したか?

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画『エターナルズ』では、キット・ハリントンが「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)ぶりに大作へのカムバックを果たす。『エターナルズ』でキットが演じるデイン・ウィットマンは、原作コミックでは中世にルーツを持つ騎士“ブラックナイト”というスーパーヒーローになっていくが、奇しくも「ゲーム・オブ・スローンズ」も中世の物語だ。キットは両者の繋がりを意識していたのだろうか。

Comicbookでは、この疑問にキット本人が回答。ズバリこう答えている。「彼(ウィットマン)とジョン・スノウにはかなり大きな違いがあると思っています。似ているところはあまりないですし、もし似たような部分がありすぎたら興味を持っていなかったでしょうね」。

「ゲーム・オブ・スローンズ」の舞台が中世であることは言わずもがな。一方で一部のファンの間では、ウィットマンが『エターナルズ』でブラックナイトに変貌を遂げるのではないかと期待されている。ブラックナイトはエボニー・ブレイドという名の武器を駆使することで特に知られるが、これをウィットマンが握ろうものなら、ヴァリリア鋼の剣を握るジョン・スノウの姿と重なるはずだ。

もっともキットは、『エターナルズ』で初登場を飾るウィットマンについて「彼はセルシ(演:ジェンマ・チャン)と恋仲にあって、人間側を代表しています」と語っている。ウィットマンがスーパーヒーローとして覚醒するかどうかは、本編を確認するしかない。

なお、原作コミックではアベンジャーズのリーダー格にまでなるウィットマンの将来について、キットは「何も分からないです」と話している。しかし、いずれウィットマンがブラックナイトとして剣を振るうことになるとしたら、「ゲーム・オブ・スローンズ」での経験を意識せざるを得ないかも……?

Source: Comicbook,/Film

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly