Menu
(0)

Search

マーベル『エターナルズ』と『ノマドランド』、テーマの共通点がある ─ キーワードは「アウトサイダー」

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画エターナルズは、『ノマドランド』(2020)でアカデミー賞に輝いたクロエ・ジャオ監督が手がける初めてのヒーロー映画。マーベル・スタジオは『ノマドランド』以前、『ザ・ライダー』(2017)ののちにジャオ監督を抜擢しており、インディペンデント作品からの驚くべき飛躍を実現させた。

プロデューサーのネイト・ムーアは、『エターナルズ』と『ノマドランド』にはテーマとしての共通点があると指摘している。英Empireにて、ムーアはこう述べたのだ。

クロエの関心は、新たな世界をさまようアウトサイダー(よそ者)の物語を描くことにあります。『ノマドランド』と『エターナルズ』は、そうしたDNAを共有しているのです。同じ見かけではありませんが、テーマには通じ合うところがある。」

『エターナルズ』が描くのは、アベンジャーズの誕生よりもはるか昔から地球に存在し、7000年もの間、人類を見守ってきた最古のヒーローチーム・エターナルズだ。サノスによって人口の半分が消滅した際、彼らは問題に介入することを許されなかった。しかし人類の復活によって巨大なエネルギーが生まれ、新たな脅威が地球に迫る。

長年にわたり地球上に存在しながら、人類の危機には介入できなかったエターナルズは、いわば先住民のような立ち位置でありながら“よそ者”という属性を持つことになる。ジャオ監督は『ザ・ライダー』『ノマドランド』で西部劇映画の現代化を試みてきたともいわれるが、こうした目線に立てば、『エターナルズ』もその流れを汲むであろうことがうかがえる。あらかじめ監督の過去作を見ておけば、きっと『エターナルズ』をより楽しめるはずだ。

なお、ジャオ監督は『エターナルズ』を撮るにあたり、なるべく少人数のチームによるロケ撮影にもこだわっていた。インディペンデント時代のテーマとスタイルを、マーベル映画という超大作にも発展させた本作は、その試み自体がすでに野心的だろう。プロデューサーであるムーアは、賞レースでの活躍にもわずかな期待をにじませる。「この映画は我々にとってまったく新しいもの。“アカデミー賞監督が放つ…”なんて、過去のマーベル映画にはなかったフレーズですから」

映画『エターナルズ』は2021年11月5日(金)全国公開。

Source: Empire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly