米Netflix『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』製作会社を買収か ― 2018年夏までに契約の可能性、仏報道

リュック・ベッソン監督作品『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(2018)をはじめ、数々の映画を製作してきた仏ヨーロッパ・コープ社が米Netflixによって買収される可能性が浮上している。フランスの経済紙Les Echosが報じた。

『TAXi』『トランスポーター』『96時間』など、リュック・ベッソンが設立した製作会社ヨーロッパ・コープは、大作アクション映画から『女神の見えざる手』(2016)や『ザ・サークル』(2017)などにも携わっている。
しかしベッソン監督自身による『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が、巨額の製作費に対して米国などで低調な成績を示すなど、同社は経営的に厳しい状況的に置かれていた。すでに資金調達・コスト削減のため、フランスのテレビ製作部門を売却したり、社内の人員削減を行ったと報じられていたのである。


Les Echos紙が入手した情報によれば、Netflixはヨーロッパ・コープ再建のため、ベッソンや株主との交渉を進めてきたという。2018年2月の時点で両社の合意はほぼ達されており、今後は条件面の調整が行われることになるようだ。関係者によれば、契約は夏までの完了が目指されているという。なお同紙は買収発表の機会として、2018年5月に実施されるカンヌ映画祭が有力だと記した。

2018年2月、ヨーロッパ・コープは複数の企業とパートナー交渉に入っていることを発表していた。同社のリリースには、将来のパートナーがヨーロッパ・コープを完全に独占することはないという旨が記されており、このたびLes Echos紙は、買収完了後はNetflixが経営権を握るものの、クリエイティブ面の自由はベッソンに委ねられると伝えている。

なおNetflixとヨーロッパ・コープの関係が報じられたのは今回が初めてではない。2018年1月末、米Variety誌はヨーロッパ・コープとNetflixが共同で映画製作にあたる交渉に入ったと伝えたのだ。この時は、ベッソンが今後数年にわたって3000万ドル規模の映画を監督・製作する、また同社の過去作品と株式をNetflixへ売却する可能性があるとされていた。その後、経営再建のため、両社の話し合いは買収という形へ発展したとみられる。

 

米国での興収・評価はさておき、日本公開されたばかりの『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、ベッソン監督によるイマジネーションが炸裂した映像世界と、シンプルかつストレートな物語で観客の心をつかんでいる。大スクリーンでこそ映える演出がリュック・ベッソン作品の大きな特徴といっていいわけだが、もしNetflixによる買収が完了したのち、今後ヨーロッパ・コープはどのような戦略で動いていくことになるのだろうか。一部で大きな話題を呼んだ、『LUCY/ルーシー』(2014)の続編製作はどうなるのだろう……。

またオリジナル映画の製作に注力しているNetflixにとっても、今回の買収が成立した場合、映画会社を傘下に収める初めてのケースとなる。映画業界とストリーミング・サービスの関係性に、新たな局面が切り開かれる可能性もありそうだ。

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は2018年3月30日より全国の映画館にて公開中

Sources: Les Echos, Capital, The Playlist
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。